文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 8月11日(日)付け紙面より

幻想的な世界演出

 酒田市升田の「玉簾(すだれ)の滝」で9日、恒例のライトアップが始まり、幻想的な世界が行楽客たちを楽しませている。

 玉簾の滝は約1200年前、弘法大師が神のお告げで見つけ、命名したといわれる。落差約63メートル、幅約5メートルで、落ち口から滝つぼまで垂直に落ちる「直瀑」としては県内随一の規模を誇る。ライトアップは升田区自治会(70世帯)が2000年夏から地域の魅力発信に、5月の連休、8月のお盆、凍って「氷瀑」となる1月下旬ごろの年3回実施。

 初日の9日はライトアップが始まる午後6時半ごろから、若い男女や家族連れらが次々に訪れた。水銀灯が周囲の木々を照らし、緑色の深海に潜り込んだような幻想的な雰囲気の中、ゆっくりと落ちる白い滝に「きれい」と見入り、盛んに写真に収めていた。

 同自治会は今回から来訪者1人100円の協力金を任意で提供してもらっている。老朽化した照明機器の更新や、駐車場から滝までの遊歩道(長さ約300メートル)周辺の草刈りなど環境整備に充てるためとしている。ライトアップは18日(日)まで。時間は午後6時半ごろから9時ごろまで。駐車場脇では住民による「産直ららら」も営業。

幻想的な世界が魅了する玉簾の滝のライトアップ=9日午後8時ごろ
幻想的な世界が魅了する玉簾の滝のライトアップ=9日午後8時ごろ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field