文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 8月11日(日)付け紙面より

鶴岡東ナイン躍動 丸山が逆転打初戦突破 次戦は選抜準V習志野と対戦

 ナイター照明に照らされた甲子園で鶴岡東ナインが躍動し、アルプススタンドの大応援団が勝利の歓喜に包まれた―。第101回全国高校野球選手権大会(兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)4日目の9日、第4試合に登場した山形県代表の鶴岡東は高松商業(香川)と対戦し、丸山蓮の逆転打、竹花裕人の2点本塁打などで6―4で勝利した。県勢の初戦突破は4年ぶり。次戦の2回戦は大会9日目の14日、第2試合(午前10時半開始予定)で、今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)と対戦する。

 序盤、相手が安打を重ね、2点をリードされても鶴岡東は慌てなかった。県大会で何度も経験した展開。「粘り強い戦いはできている」と自信があった。

 打線の呼び水となったのは1番の河野宏貴。3回、2ストライクと追い込まれた状況で直球をセンター前に打ち返し、リードオフマンの意地を見せた。これから県大会の勝ち上がりと重なる。河野が3打席目の5回、1死三塁の好機。初球のスライダーがワンバウンド。「次は直球で来る」。狙ったコースを振り抜き、左翼線二塁打で1点を返した。この回、変化球の切れも鋭い左の好投手を相手に、チームは対応し始める。序盤、安易に手を出したボール球を見極め、持ち味のチェンジアップなどの変化球を狙い打ちし、球種の選択肢を削いでいく。なおも連続四死球で2死満塁とすると、この日誕生日の5番丸山蓮。低めを引っ張って三塁横へ。「抜けてくれ」―。飛び付いた三塁手の目前、ライナーは三塁ベースに当たって高くバウンドするミラクル。「ベースに当たるようなヒットは初めて」と幸運の逆転2点タイムリーとなった。

 8回には2死二塁で6番森弦起が、右中間を割る二塁打で貴重な追加点。さらに9回には2番竹花裕人が2死一塁で左翼ポール直撃の2ランで突き放した。

 先発した影山雄貴は6回を投げて被安打は8を数えたものの2失点に抑えた。県大会の反省を生かして意識して落ち着きながら、9人中8人が右打者の高松商業打線の内角を攻め、尻上がりに球速も増した。6回には自身最速の140キロ。「公式戦ではなかなかでない。気持ちも乗ってきていた」とこの回の満塁のピンチも無失点で切り抜けた。

 佐藤俊監督は「前半リードされる展開で粘ってしのいでよく頑張ってくれた。良い投手を相手に、初ヒットを打って先頭打者の役割を果たしてくれた河野をはじめ、各自が3巡目以降、修正して打つべき球を打ってくれた。予想以上に頑張ってくれた影山、継投の池田も粘り強く投げてくれた。すべての選手に感謝」と話した。

高松商業の最終打者のフライが河野選手のグラブに収まった瞬間、勝利に歓喜する三塁側アルプススタンドの鶴東応援団
高松商業の最終打者のフライが河野選手のグラブに収まった瞬間、勝利に歓喜する三塁側アルプススタンドの鶴東応援団

勝利の余韻を胸に校歌を歌い上げる選手たち
勝利の余韻を胸に校歌を歌い上げる選手たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field