文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 8月15日(木)付け紙面より

鶴岡東ベスト16

 第101回全国高校野球選手権大会(兵庫県西宮市・阪神甲子園球場)9日目の14日、第2試合に登場した山形県代表の鶴岡東は習志野(千葉)と対戦。9―5で勝利し3回戦進出を決めた。鶴岡東は2回に打者一巡の猛攻を見せ、長短6安打で一挙5点を奪い、序盤に試合の主導権を握った。終盤には主砲の丸山が2打席連続本塁打を放つなど打線が爆発。先発・影山は今春の選抜大会準優勝校の習志野打線に対し7回3分の1を粘り強く投げ、遊撃手・河野を中心に堅守を見せた。

 鶴岡東は影山、習志野は山内の両左腕が先発。両校とも1回戦と同じオーダーで2回戦に臨んだ。

 鶴岡東は2回、1死から丸山が四球で出塁、森が右前打で続き、山路の右前適時打で先制した。2死一、二塁とし、影山が右中間フェンス直撃の2点二塁打を放ち3点目。さらに河野、竹花、山下の上位打線が連打で続き、4連打を含む長短6安打、打者一巡の猛攻で一挙5点を奪った。

 終盤8回、先頭の丸山が左越え本塁打、さらに2死一、二塁で河野の左越え二塁打で2点を加えこの回3点。9回にも丸山が2打席連続となる右越えソロ本塁打を放ち、試合を決めた。

鶴岡東は2回、5番丸山の四球と6番森の右前打で1死一、三塁と得点機をつくり、7番山路が右前にはじき返し先制点を挙げた
鶴岡東は2回、5番丸山の四球と6番森の右前打で1死一、三塁と得点機をつくり、7番山路が右前にはじき返し先制点を挙げた


2019年(平成31年) 8月15日(木)付け紙面より

「黒森歌舞伎」夏芝居楽しむ

 酒田市黒森地区に伝わる「黒森歌舞伎」(県指定無形民俗文化財)の夏芝居が13日夕、地区の黒森日枝神社演舞場で行われた。11月に初の海外公演としてポーランドに出向くため、その時に演じる「義経千本桜 伏見稲荷鳥居前の場」を事前にお披露目した。大勢の家族連れらが、通常は2月の厳寒期に屋外で鑑賞する「雪中芝居」を、浴衣姿や扇子片手に楽しんだ。

 約280年前の江戸・享保年間(1716―35年)から伝わる農民芸能で、地元住民による「妻堂連中」(冨樫久一座長)が継承している。日本文化研究家でアダム・ミツキェヴィチ大(ポーランド・ボズナン市)助教授のイガ・ルトコフスカさんの仲介で、ポーランド・日本国交樹立100周年の今年11月、日本の約170の地芝居を代表して同国を訪れ、首都ワルシャワなどで公演してくる。

 夏芝居は、神社の創建周年や花道改修記念など節目に不定期に行っており、今回は歌舞伎発祥280年を記念して行った2015年以来、4年ぶり。お盆に行っている地区の夏祭りに合わせて実施した。

 幕開けに先立ち、冨樫座長と、この公演のため家族で来日したイガさんが舞台あいさつ。冨樫座長は「300年近く続いているのは、多くの先輩が支えてくれたから。これからずっと続けるためにも、ポーランド公演を成功させたい」と抱負。イガさんは「2010年に初めて黒森に来て、伝統が印象的で、ぜひポーランド人に見せたいと思っていた。皆さんのおかげで実現する」と感謝を述べた。

 幕が開き、花道から源義経や静御前、弁慶らが次々に登場すると、会場からは大きな拍手が湧いた。せみ時雨が響く宵闇の中、浴衣姿の観客らは扇子やうちわを手に、生ビールのグラスを傾けながら芝居を楽しんでいた。

せみ時雨の中、黒森歌舞伎を楽しんだ夏芝居
せみ時雨の中、黒森歌舞伎を楽しんだ夏芝居

開幕前、舞台あいさつしたイガさん(左)と冨樫座長
開幕前、舞台あいさつしたイガさん(左)と冨樫座長



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field