文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 8月16日(金)付け紙面より

お盆に「光の川」を演出

 酒田市の大通り商店街で14日夕、「酒田灯篭(とうろう)まつり」が開かれ、歩道に飾られた大小の灯篭が「光の川」を演出、道行く人を楽しませた。

 大通り商店街振興組合(齋藤仁志理事長)が中心になって実行委員会をつくり、2002年から毎年8月のお盆の時期に行っている。それ以前は灯篭を新井田川に流していたが、環境意識の高まりなどを踏まえ、商店街を川に見立て歩道に灯篭を飾っている。

 この日は連日続く暑さの中、午後6時ごろから大通り公園でオープニングセレモニーが行われ、浜田小児童による北前太鼓、獅子舞、天狗舞が披露された。引き続き同6時半ごろ、大通り東側の歩道約300メートル区間に飾られた灯篭に次々に火が入れられた。

 灯篭は高さ1・8メートルほどの大型が18基、同20センチほどの小型が約450基で、いずれも市内の幼稚園、保育園、小・中・高校の児童・生徒が製作した。漫画のキャラクターや夏休みの思い出、花や幾何学的な模様を描いたものなどさまざま。浴衣姿の家族連れらが夕涼みがてら通りを歩き、優しい明かりとさまざまな絵の「光の川」を楽しんでいた。

さまざまな絵の灯篭が歩道に飾られ、通行人を楽しませた
さまざまな絵の灯篭が歩道に飾られ、通行人を楽しませた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field