文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 9月8日(日)付け紙面より

鶴岡市のあつみ温泉 「国民保養温泉地」に指定

 鶴岡市のあつみ温泉が、環境省の「国民保養温泉地」に指定された。県内では蔵王(山形市)や銀山(尾花沢市)などに続いて7カ所目、鶴岡市では湯田川、湯野浜に次いで3カ所目の指定。10月4日に東京都で開かれる全国温泉地サミットで指定状が交付される。

 国民保養温泉地は、温泉法に基づき温泉の公共的な利用を増進するため、温泉利用の効果が十分期待され、健全な保養地として活用される温泉地を環境大臣が指定するもので、あつみ温泉は全国で80カ所目の指定。選定には▽温泉に効能があり、湯量が豊富▽自然の豊かさ、文化がある▽医師ら入浴方法の指導ができる人材がいる―などの条件がある。

 指定に向けあつみ温泉の源泉管理会社や観光協会、自治会などは、市とともに昨秋から計画書策定に着手。温泉療養に適した施設整備と医療スタッフの確保、地元食材を使った療養食の活用、歴史ある温泉地としての調和の取れた地域づくりなどの取り組みを打ち出した。自然や歴史、文化、食文化を生かした多様なプログラムを楽しみ心身ともに元気になる場としての機能を持たせた持続的発展が可能な温泉地づくりを進める。

 たちばなや社長で温海温泉源泉有限会社の佐藤佐次右衛門社長は「指定はあつみ温泉にとって、とてもうれしいこと。指定に向け、あつみ温泉が進むべき方向をみんなで見詰め直す機会にもなった」とし、旧温海町とともに進めた温海川沿いの「そぞろ歩きの楽しい温泉街」の取り組みを踏まえ、「四季折々のそぞろ歩きが楽しめる。6月の地震で被害があったが、あつみ温泉は元気だということを、この指定を機会にさらに発信していきたい」と話した。

環境省の国民保養温泉地に指定されたあつみ温泉
環境省の国民保養温泉地に指定されたあつみ温泉



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field