文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 9月19日(木)付け紙面より

善寳寺で本邦初公開 峨山禅師像を御開帳

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)、善寳寺の功績者・峨山禅師(がさんぜんじ)像の御開帳が始まった。本邦初公開で、信者や観光客でにぎわっている。

 曹洞宗を大きく発展させた人物として知られ、加賀(現石川県)能登の生まれ。鎌倉時代の1276年に生まれ、91歳まで生きた。像は160センチの大きさで木造。約500年前に一木で造られた。戦国時代に庄内を支配した大宝寺氏の重い家臣として知られた土佐林禅棟が1553年寄進したものと伝えられている。

 顔は写真では公開できないが、座禅を組み、約150センチ先に視線を下ろしている。「少し目をつぶっているように見える穏やかな表情です。多くの方にご覧いただければ」と寺側は話している。

 御開帳は11月24日(日)まで行われ、拝観料500円。日本遺産・五百羅漢堂特別拝観の拝観料も兼ねている。同寺では10月18日(金)には「ジャズイン善寳寺」と題してコンサート(前売り2500円、当日3000円)が行われ、10月24日(木)は誰でも参加できる「開基祭曼荼羅・万灯供養」が行われる。

 問い合わせは同寺=電0235(33)3303。

初めて御開帳された峨山禅師像
初めて御開帳された峨山禅師像



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field