文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 9月20日(金)付け紙面より

鶴岡市で敬老のつどい 数え101歳以上出席者に花束贈る

 鶴岡市敬老のつどいが19日、荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開かれ、参加した高齢者たちが園児の踊りや太鼓演奏、市内の団体による舞踊を楽しんだ。

 長年社会に尽くしてきた高齢者を敬愛し長寿を祝うとともに、高齢者福祉について市民の感心と理解を深めようと、市主催で毎年開催し、今回が54回目。同市の65歳以上の高齢者は約4万3000人と人口の3分の1を占め、比率は上昇傾向が続いている。

 つどいには関係者を含め約400人が参加。式典で皆川治市長が「皆さんから大正、昭和、平成と鶴岡のまちづくりに尽力いただき、令和となった今の鶴岡を築いていただいた。今後とも住みやすい地域、安心して暮らせるまちづくりに努めていく」とお祝いの言葉を述べ、数え年101歳以上(9月1日現在106人)で出席した大川勝三郎さん(数え103歳、鳥居町)、榊原竹恵さん(同101歳、由良)、丸山花子さん(同101歳、おおやま入所)、鈴木房子さん(同107歳、おおやま入所)の4人に花束を贈った。引き続き、高齢者作品展の表彰などがあった。

 式典の前後で民田保育園児の踊りや太鼓演奏、劇団夢一座と八沢会による舞踊のアトラクションがあり、お年寄りたちに楽しいひとときをプレゼント。羽黒高の生徒たちがボランティアでつどいの運営に協力したほか、同館エントランスホールでは、保育園児が描いたおじいちゃん、おばあちゃんの絵の展示、障害者就労施設の手作り品の販売も行われた。

           

数え年101歳以上の出席者に花束を贈り、長寿を祝った
数え年101歳以上の出席者に花束を贈り、長寿を祝った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field