文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 9月21日(土)付け紙面より

JA全農山形 庄内南部ライスステーション完成

 国内最大規模のコメ倉庫「JA全農山形庄内南部ライスステーション」が完成し20日、三川町青山の現地で竣工(しゅんこう)式典と新米出荷式が行われた。最大収容量は約42万俵(2万5137トン)を誇り、県内初の入出庫トラックレーンなどを備えた。本年産の新米が出荷され、良質米産地を担う新たな拠点が稼働した。

 同ライスステーションはみかわ産業団地内に新築。鉄骨平屋建て、延べ床面積約1万3200平方メートル、敷地面積約3万290平方メートル。地吹雪など悪天候時にも左右されない全天候型施設で、屋内中央に大型トレーラーも入出庫できるトラックレーンを設け、両側に計10室(1室2513トン収容可能)の低温保管庫を配備。増加傾向にある個人フレコン集荷の生産者ニーズにも対応した検査場を併設した。

 庄内全域と最上地域の県産米の集荷・保管・出荷を担う。今後は老朽化した倉庫を集約し、オートメーション化による品質管理の向上や流通体制の効率化が期待される。主体工事は佐藤工務・山口工務店・菅原工務店特定建設工事共同企業体、総事業費は24億円。

 竣工式にはJAグループや工事関係者ら約60人が出席。倉庫内で神事を行った後、出庫口で新米出荷式が行われた。鶴岡東高のチアダンス部がパフォーマンスを披露した後、関係者がテープカット。県内向けに出荷される「はえぬき」「雪若丸」計24トンを積んだトラックの出発を見送った。

庄内南部ライスステーションが竣工。鶴岡東高チアダンス部が同施設からの新米初出荷に花を添えた
庄内南部ライスステーションが竣工。鶴岡東高チアダンス部が同施設からの新米初出荷に花を添えた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field