文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 10月6日(日)付け紙面より

障害者の創作活動や作品紹介

 障害のある人の創作活動や作品を紹介する鶴岡市主催の公募展が、同市の鶴岡アートフォーラムで開かれている。個性豊かな表現の絵画や書の平面作品、立体などが並んでいる。14日(月)まで。入場無料。

 「今ココに咲く!つるおか ひょうげんの花~鶴岡の障害のある人の表現活動を紹介する展示会」と題した企画展。県内外の障害者芸術活動の高まりや、関係者から展示の機会づくりの要望を受け、障害者理解促進事業の一環として今回初開催。公募で寄せられた、共同制作の作品やシリーズ作なども含め計54点を展示。出品者は計約100人で、普段から絵などの創作が大好きという作者や、公募をきっかけに自主的に制作したという人まで老若男女さまざま。表現する喜びを感じさせる自由な作風が目を引く。

 このほか、地元の園児や障害のある人たちから描いてもらった色とりどりの花の絵の集合作品も。「障害の有無にかかわらず誰もが個性の花を咲かせられるまちを目指して」とのテーマを込めた。やまがた障がい者芸術活動推進センターぎゃらりーら・ら・らの企画協力で、「やまがたでつながるボーダレスアート2019」の入選作品巡回展なども併催。

 4日は、かたばみ保育園の園児たちが来場。「私の描いたアサガオがあってうれしかった」「色も形もとってもきれい」などと笑顔を見せ、熱心に鑑賞していた。

 会期中の6日(日)午後2時から、アートディレクターで東北芸術工科大准教授のアイハラケンジさんをゲストに出品者も交えてギャラリートークを開催。約1時間の予定。

 問い合わせは鶴岡アートフォーラム=電0235(29)0260=へ。

個性豊かな作品が集まり、来場者を楽しませている=4日
個性豊かな作品が集まり、来場者を楽しませている=4日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field