文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 10月8日(火)付け紙面より

無料開放に子どもの歓声

 鶴岡市下川の県民の海・プール「スパール」が開設20周年を迎え6日、記念イベントが開催された。この日はプールが無料開放され、秋季としては普段の3倍に当たる372人が入場した。

 大きな透明のビニール製ボールの中に入る「アクアボール」もサービスされ、子どもたちが歓声を上げた。水泳平泳ぎの五輪選手・小関也朱篤選手(27)も小さい頃学び、練習に励んだ施設。「私も幼稚園の頃から使っている。帰郷した小関選手から指導されたこともある。いつも、ここで練習しています」と小池咲蘭(さら)さん(14)=鶴岡五中2年。「夏は流れるプールが楽しいし、最高の施設です」は佐藤皐(さら)さん(12)=鶴岡一中1年。共にアクアボールを楽しんだ。

 午後は「水中ポールウオーキング」が宮下充正さん(全日本ノルディック・ウォーク連盟会長、東京大名誉教授)の指導の下行われた。またフラダンス披露や早朝水中健康教室も開催された。

 同日夕からは西郷コミュニティセンターに場所を移し20周年記念式典・祝賀会が行われた。

 同施設のプールは2000年4月オープン。当初は年間12万人が利用したが、7年後に半減し、存亡の危機を迎えた。その後09年からNPO法人健康づくりサポート東北21(白井宗雄理事長)が指定管理者として運営している。昨年度は年間利用者が10万人超えまで戻り、小関選手を支援する会も発足させている。

人が入った後、膨らませて水面に浮かばせるアクアボールに歓声が上がった
人が入った後、膨らませて水面に浮かばせるアクアボールに歓声が上がった



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field