文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 10月17日(木)付け紙面より

影響力持つ5人が来庄、魅力発信

 タイ国際航空(本社・バンコク)が今月末からバンコク―仙台間の定期便を復活させるのを前に、同国のインターネット上で大きな影響力を持つ「インフルエンサー」5人が15―18日の3泊4日の日程で本県などを訪れ、東北地方の観光の魅力を発信している。

 東北への外国人観光誘客を推進している一般社団法人みちのくインバウンド推進協議会(本部・酒田市、熊谷芳則理事長)が招致した。タイ国際航空では仙台便の利用増に向け、年末まで少なくとも延べ500人のタイのインフルエンサーが東北の観光を体験するプログラムを展開中で、同推進協も連携して東北の観光をアピールする狙い。

 訪れたのは、タイのテレビ番組の司会などとして活躍している俳優、カン・カンタサウォンさん(33)ら5人。カンさんは、写真共有サイト「インスタグラム」でフォロワー(視聴登録者)約360万人、動画投稿サイト「You Tube」では同約70万人、動画再生回数が数万から数百万回など大きな影響力を持っている。今回は、今年8月に東北地方を訪れたタイ国際航空のエクニティ・ニティタンプラパス会長の仲介で招かれた。

 一行は初日の15日、空路で庄内入り。午後1時ごろから酒田市の酒田漁港上屋で、メバルなど魚介類の炭火焼きや刺し身造りの実演を見ながら昼食。特に、マダイの刺し身や山形牛のステーキ、本県産米「雪若丸」などが好評で、盛んに写真や動画に収めた。浜風が吹いてやや肌寒い中、配膳役の県漁協の女性が「貸してあげる」とジャンパーを羽織らせる一幕もあった。

 カンさんは「これまで何回も日本に来ているが、今回は一番感動した。特に皆さんのおもてなしが素晴らしい。各観光地の食事や自然の素晴らしさ、人の魅力を発信したい」と話した。

 コーディネートしたタイの旅行会社ワールド・プロ・トラベルのルンナパ・カンパヤ社長によると、タイ国際航空は来春をめどに、台湾・高雄―仙台間でも定期便を就航する計画を検討中という。みちのくインバウンド推進協の熊谷理事長は「それだけ東北の観光を高く評価し、市場の可能性を見いだしている証拠。受け入れにも一層力を入れたい」と話した。

 タイの一行は滞在中、加茂水族館(鶴岡市)や山居倉庫(酒田市)、最上川舟下り(戸沢村)、銀山温泉(尾花沢市)、宮城蔵王キツネ村(宮城県白石市)などを巡る。

魚介類の炭火焼きの実演を見学するカンさん(右奥)らタイのインフルエンサーら=15日午後1時すぎ、酒田市の酒田漁港上屋
魚介類の炭火焼きの実演を見学するカンさん(右奥)らタイのインフルエンサーら=15日午後1時すぎ、酒田市の酒田漁港上屋



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field