文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 10月18日(金)付け紙面より

やまがた110ネットワーク

 県警が配信するメールサービス「やまがた110(いちいちまる)ネットワーク」への登録などを呼び掛ける広報イベントが14日、三川町のイオンモール三川で行われた。県警や鶴岡警察署などから約20人が参加し、買い物客でにぎわう同店モール内で交通安全や防犯を呼び掛ける広報活動が繰り広げられた。

 県内での開催は米沢市、天童市に続いて3回目。全国運動として20日まで展開されている全国地域安全運動期間中のこの日、特殊詐欺・交通事故・災害被害防止を呼び掛けるチラシ配布と「危険予測シミュレータ」による横断歩道などの安全通行の模擬体験が行われた。

 このうち、警察が地域住民へ積極的に利用を呼び掛けている「やまがた110ネットワーク」は、必要とする情報や地域を選択し、タイムリーで受け取ることができる無料の登録制メール配信サービス。配信される情報は▽特殊詐欺発生状況▽発生場所や時間、不審人物の特徴などが分かる不審者情報▽交通事故の発生状況や取り締まりに関する交通安全情報▽渋滞、通行止めに関する交通障害情報▽台風などの自然災害発生時の防災情報―など。特殊詐欺発生状況を知らせるメール情報では、発生した地域や時間、どのような内容の不審電話であったかなど細部にわたっており、利用者に詐欺に関する予備知識を高めてもらう狙いがある。

 実際に8月には、同サービスに登録していた新庄市内の70代女性宅に警察官をかたる不審電話があった際、女性は事前にメールで類似する事案情報を入手していたことから詐欺であると見抜き、被害に遭わずに済んだという。県警生活安全企画課によると、同サービスは2015年に配信を開始し、当初は認知度が低かったが、警察の広報活動や詐欺被害を未然に防ぐことができた事例の紹介などで、現在登録者数は3万人を超えており、さらなる周知を行っている。

 同サービスへは、登録用アドレス=yp1@ox03.asp.cuenote.jp=に空メールを送信するか、県警ホームページからQRコードを読み取ることで登録できる。

 県警の佐藤景三生活安全企画課長は「情報を知っていると知らないとでは、大きく違う。メール配信サービスで必要な情報を得て、防犯につなげてほしい」と呼び掛けた。

 イベントに子どもと一緒に訪れていた鶴岡市在住の池田美咲子さん(35)は「職場で不審者情報の話をよく耳にしていたが、みんなどこで情報を得ていたのかまで知らなかった。今回、やまがた110ネットワークの存在を知って登録した。これから子どもが学校に通う年齢になるので、不審者情報などをチェックしていきたい」と話した。

子どもになじみのあるアニメソングをサクソホンが奏でるイベント会場
子どもになじみのあるアニメソングをサクソホンが奏でるイベント会場

やまがた110ネットワークへの登録を呼び掛ける署員
やまがた110ネットワークへの登録を呼び掛ける署員



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field