文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 11月8日(金)付け紙面より

鶴岡・農業者育成学校「シーズ」1期生募集

 鶴岡市は、同市千安京田の旧いこいの村庄内の施設を活用し来年4月に開校する市立農業経営者育成学校「SEADS(シーズ)」第1期生の10月末現在の応募状況を公表した。10人程度の募集に対し、いずれも県外在住の10―30代男女6人から出願があり、近く内定を通知する。1期生は来年1月まで募集を行い、さらに4人が出願に前向きな意向を示しているという。

 出願した6人は東京、大阪、神奈川、埼玉各都府県在住の男性5人、女性1人。書類と面接による選考を終えており、いずれも鶴岡とはゆかりのないIターンになるという。料理関係の学校に通う学生、情報処理サービスに携わる人、予防医学の研究者など多様な人材が応募。栽培した農産物を使ったレストランと宿泊施設の経営、健康な食生活への貢献など、それぞれが鶴岡での農業への夢や将来ビジョンを抱いている。

 このほかに地元を含め72人が専用サイトに仮登録しており、このうち県外在住4人が出願に強い意思を示している。

 同育成学校は2年間にわたる座学と実践、農家でのインターンを通じて有機農業を中心に農業経営に必要な全てを学び、鶴岡での独立就農につなげてもらうもの。研修生は地域内外から受け入れる。授業料は月額1万円で、宿舎使用料(光熱水費分)も月額1万円。食事は施設内にある共有キッチンでの自炊が基本となる。親元就農や既に就農している人で座学研修のみの受講の場合は授業料5000円。在学中に国の農業次世代人材投資資金(準備型)を年150万円、2カ年受けられる支援制度があり、終了後についても独立就農支援の国の補助制度がある。

 応募資格は独立就農への意欲がある原則50歳までで、2年間の研修終了後5年以上、鶴岡市で就農する意志がある人。2期生以降は受講者17人を毎年受け入れる。

 農業人材の育成・確保に向けた取り組みで、市やJA、大学、関連企業の6者連携で進める。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field