文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 11月12日(火)付け紙面より

家運長久願い 「かぶのお歳夜」

 家運長久などを願ってカブを神仏にささげる年中行事「かぶのお歳(とし)夜」が10日、鶴岡市の温海地域などで行われた。同市越沢の農業、五十嵐春政さん(71)方では、直径20センチ、約1・5キロの立派な温海かぶとぼた餅をお供え。五十嵐さんは「今年も立派なカブを準備できて良かった」と話した。

 同市温海地域を中心に農家、商家問わず古くから伝わる風習だが、現在でも続けている家庭は越沢などの一部。用意するカブ2つとぼた餅2つはいずれも大きいほど良いとされ、「かぶ」に「株」を重ね、「家の株が大きくなるように」との願いを込めて毎年この日に行われている。「温海町史別冊温海の民俗」によると、田の神祭りの一種とみられるという。

 自家消費用で温海かぶを栽培している五十嵐さん方では今年、出来に恵まれて立派なカブが用意できた。この日夕方、みずみずしい葉と鮮やかな紫色の巨大なカブと、平たく形を整えた自家製ぼた餅を一緒にお供えして手を合わせた。

 五十嵐さんは「家族の無事などを願う大切な行事。子どもたちにも受け継いでもらいたい」。お供えしたカブは家族でいただく習わしで、「うちではみそ汁に入れて1週間かけてありがたく食べる」と笑っていた。

かぶのお歳夜で立派な温海かぶとぼた餅をお供えする五十嵐さん=10日
かぶのお歳夜で立派な温海かぶとぼた餅をお供えする五十嵐さん=10日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field