文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(令和1年) 11月13日(水)付け紙面より

全国ブランド米産地生産者交流大会in山形 ネットワーク形成や技術向上図る

 全国のブランド米産地の生産者などが一堂に会し情報交換などを行う「全国ブランド米産地生産者交流大会in山形」が11日、山形市内で開かれた。本県を含め15道県から21品種の米の生産者が参加し、基調講演やグループディスカッションなどを通してネットワーク形成や生産技術の向上を図った。

 近年、全国の主要な米産地から新品種のデビューが相次いでおり、それぞれの品種の特性を生かしたブランド戦略が進められている。そうした中、全国の米産地の生産者が多様な取り組みやこだわりのある技術などについて情報交換を図ろうと、今回初めて開催された。本県の「つや姫マイスター」を中心とした生産者たちが実行委員会(土屋喜久夫委員長)を組織し主催。事務局は県の山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部が務めた。

 大会には全国の生産者や産地の市町村担当者、JA関係者など約500人が参加。土屋委員長や若松正俊副知事のあいさつの後、大会実行委員会副委員長の鈴木仁さん(鶴岡市)が全国のブランド米ののぼりに囲まれながら「全国の生産者と交流を深め、さらに技術を磨き安全で品質の高い、心のこもったおいしい米を消費者に届ける」と大会宣言を発表した。

 続いて基調講演が行われ、新潟薬科大の大坪研一教授が「おいしい米のメカニズムを探る」、月刊食糧ジャーナルの鶴田裕編集部長が「これからの米産地とブランド米が果たす役割」の演題でそれぞれ講演。このうち大坪教授は米の食味評価について「評価方法は大きく分けて官能検査(食味試験)と理化学的測定の2つ。前者はうまい、まずいという総合的な評価に加え、味や香りなど多面的な評価が得られる一方、多くの試料や労力、時間がかかる。また、審査する人の嗜好(しこう)や出身地域の影響を受けやすい。後者は米の成分や米飯の物理的特性などを客観的に測定できるが、外観や味、特性など単一項目の評価となりがちで多面的な評価は難しい」と紹介した。

 このほか栽培技術や各産地の取り組み、ブランド戦略などに関するグループディスカッションや、本県のつや姫や雪若丸、はえぬきなどの銘柄を当てる「利き飯チャレンジ」、全国各地のブランド米試食コーナーなどが設けられた。12日は内陸方面の穀物乾燥調製施設製造メーカーや酒蔵などの現地視察が行われた。

全国のブランド米ののぼりに囲まれ、実行委員会副委員長の鈴木さん(中央手前)が大会宣言を読み上げた
全国のブランド米ののぼりに囲まれ、実行委員会副委員長の鈴木さん(中央手前)が大会宣言を読み上げた


2019年(令和1年) 11月13日(水)付け紙面より

庄内産小麦のブランド化へ 地産・地消推進狙いに勉強会

 庄内産小麦に関する勉強会が11日、酒田市のマリーン5清水屋で開かれ、庄内地方のラーメン店主や製菓、製パン業者らが、山形大農学部(鶴岡市)が庄内で進める小麦の試験栽培に関する報告やラーメンの試食などを通じ、庄内産小麦の可能性を学んだ。

 主催したのは、酒田市内のラーメン店主でつくる「酒田のラーメンを考える会」。同会では「自家製麺率は日本一」と自負し、原料にもこだわって商品提供する中、山形大農学部が小麦の試験栽培に取り組んでいることを知り、地元での生産・消費を推進することが狙い。地元の農家や行政関係者を含め約100人が参加した。

 初めに山形大農学部の浦川修司教授が、休耕田を畑地化して食料自給圏をつくる「庄内スマート・テロワール」構想について解説した。わが国の食料自給率が40%を切る中、小麦は国内消費量の約3%しか国内で生産されていない状況を指摘。連作障害を避けるため大豆、ジャガイモなどと輪作することで土づくりや耕畜連携などの相乗効果も狙えることを示し、「庄内で小麦を中心にした畑輪作体系の確立を」と呼び掛けた。

 引き続き同学部の中坪あゆみ助教が同構想の一環で2017年から取り組む「庄内小麦プロジェクト」について解説。庄内地方の年間の小麦消費額は推定約47億円だが、本県の小麦作付けは東北6県で最低の約70ヘクタール、生産は約200トンという。収穫時期が6―7月とサクランボの収穫や梅雨に重なるため、避けられてきた背景があるという。プロジェクトでは17年から鶴岡市高坂の農学部農場で試験栽培を始め、18年からは同市羽黒町、東堀越の農家2戸に委託し計約1・2ヘクタール、今年は約3ヘクタールで5トン、来年は10トン程度の収穫を見込むという。「23年までに県内で製粉できる100トン程度に増やしたい。当面は品種が限られるので、特性を楽しむ意識で消費拡大を」と呼び掛けた。

 同プロジェクトで月山高原などで栽培している鶴岡市東堀越の農業、叶野幸喜さん(39)は「庄内で小麦の可能性はある。特に高原は土地の条件が北海道に近く、良いものができる」、酒田のラーメンを考える会の齋藤直代表(48)=満月代表=は「庄内産小麦をブランド化して地域の活性化につなげたい。生産量が増えれば、価格も下がる。他の業者と一緒に生産増を後押ししたい」と話した。

 勉強会に先立ち、日清製粉(東京都)の関係者が小麦の種類や特性などについて講演。さらに庄内産小麦「ゆきちから」などを使ったラーメンを試食した。

庄内産小麦「ゆきちから」などを使ったラーメンを試食する参加者たち
庄内産小麦「ゆきちから」などを使ったラーメンを試食する参加者たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field