文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 11月14日(木)付け紙面より

酒田花魁道中を継続支援 文化伝承の会設立

 酒田まつり(本まつり5月20日)の「酒田花魁(おいらん)道中」を支援していくための「酒田花魁文化伝承の会」が11日、酒田市の「酒田夢の倶楽」で設立総会を開き、発足した。来年の同まつりで花魁を務める東北公益文科大2年、田中千晶さん(19)の花魁姿がお披露目された。

 花魁道中は、かつて北前船によって花柳界が栄えた酒田の歴史・文化を伝えていこうと、市内の美容師らが2015年、酒田花魁道中実行委員会を立ち上げ、16年から酒田まつりで披露。実行委は現在、「酒田花魁会」として活動を続けている。衣装代やクリーニング代、モデルへの謝礼など一定の経費が掛かることや、若手美容師への技術継承など教育が必要で、継続的な支援が不可欠という。

 伝承の会はそうした実態を踏まえ、酒田花魁会を支援する会として発足。酒田の歴史・文化の発信によって酒田のにぎわい創出に貢献しようと、年会費(1口1万円)や寄付金などを財源に、資金面を中心に支援していく。

 この日は、酒田花魁会のメンバーや賛同する市内の経済人ら約50人が出席。事務局を第三セクター「酒田まちづくり開発」(中町一丁目)内に置くことなどを定めた会則を承認し、会長には仮設機材工業社長の西村修氏を選任。西村氏は就任あいさつで「酒田のにぎわいに向け、一生懸命に頑張る」と決意を述べた。

 総会終了後は、公募で来年の花魁役に選ばれた田中さんが初めて花魁姿を披露。会場内を歩くと、参加者は「きれい」と盛んにカメラのシャッターを切った。

 田中さんは「友人から『めったにできないこと』と薦められた。華やかなだけでなく、女性にとってはつらい歴史を含むもの。そういうことを含め、地元の歴史・文化への関心が高まった。本番でもいろんな人に興味を持ってもらえたら」と話した。

「伝承の会」の設立総会後、花魁姿をお披露目した来年の花魁役・田中さん(左)
「伝承の会」の設立総会後、花魁姿をお披露目した来年の花魁役・田中さん(左)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field