文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 11月15日(金)付け紙面より

ハタハタ「しょっぱい!?」議論白熱

水産加工販売に向けたサポート研修会が12日、鶴岡市加茂の県水産試験場・おいしい魚加工支援ラボで行われた。県が主催したもので、県漁協女性部の会員ら30人が参加した。

 浜の女性による加工品の商品開発、販売力強化に向けたもので、遊佐町吹浦から1ハタハタ佃煮(つくだに)2小鯛(こだい)佃煮、温海から3魚ハンバーグ(ホッケ利用)が新商品候補として出品され、庄内浜文化伝道師の男性4人によって「売れるかどうか」審査された。

 最初からハタハタ佃煮で議論が活発化。味が「しょっぱ過ぎる」と多数意見を占めた味付けから始まって、「佃煮にすると煮崩れして、ハタハタかどうか分からなくなる。形をとどめる商品としては空揚げが良いのでは」(ト一屋・佐藤善友さん)、「白いトレーに置くのは味気ない。今はカラフルなトレーがある。そのあたりから工夫してほしい」(山形丸魚・秋山好輝さん)などアドバイスが送られた。またハタハタは来春まで捕れるが白子、卵(ブリコ)を抱え、脂の乗りが異なる時期があるだけに「安定した供給ができるのか」などの質問もあった。試食した一人が「しょっぱくない。この味で大丈夫だもんだ」と“浜の女性”のプライドを懸けて反論するなど、率直な意見が交わされた。小鯛佃煮と魚ハンバーグは「それなりにおいしい」など、おおむね好感が持たれていた。

 これに先立ち「お客さまが買いたくなる仕組み」と題して尾形恵子さん(県よろず支援拠点チーフコーディネーター)が講演。売れ筋の参考として挙げたのが「薩摩海鮮かつおせんべい」(鹿児島・中原水産)。売れる土産品のポイントとして「常温・持ち運びしやすい・賞味期限が長い・小分けできる」の4点を挙げ、「全てに当てはまる。これもカツオの再利用として無駄がない品物。アイデア次第で商品のトレンドは作り上げられる」と語り、特にパッケージの重要性を挙げていた。この日の研修会で話し合われたことを参考に、再度商品化の研究が進められるという。

商品を眺め、試食しながら意見が交わされた
商品を眺め、試食しながら意見が交わされた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field