文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(令和1年) 12月5日(木)付け紙面より

本県沖地震から半年 大山地区の4酒蔵 傷痕残る中で寒仕込み

 来年2月に控える「第25回大山新酒・酒蔵まつり」のチケット販売が、今月15日(日)から始まる。6月の本県沖地震で被災した鶴岡市大山地区の4酒蔵は、ちょうど寒仕込みの最盛期を迎えたが、復旧状況には差がある。「今まで通りの仕込みは到底できない」「応援消費の恩返しも込めてお客さんを迎えたい」。関係者はさまざまな思いで節目のまつりを見据える。

 6月18日に発生した地震では、出荷待ちの商品をはじめ、醸造設備や施設が被災。規模は4酒蔵で差はあり、加藤嘉八郎酒造は年間生産高の約2%に当たる1万本以上が何らかのダメージを受けて一般流通が困難になったという。

 新酒の仕込み時期を迎え、喫緊の設備復旧工事は済ませた酒蔵から、復旧がままならないところまでさまざまだ。深刻なのが羽根田酒造。「応急手当て状態での商売」といい、醸造設備の復旧工事を進めながらの仕込みという。

 麹(こうじ)の枯らし場や冷蔵設備などを一新させることができた加藤嘉八郎酒造でも、外壁などに地震の傷痕が残る。取締役業務統括の加藤嘉隆さん(44)は「醸造設備は整えられた。地震の復旧応援で、多くの方から支援をもらった。おいしい酒を用意してまつりのお客さんを迎え、恩返ししたい」。

 25回目の節目を迎えるまつりは、大山のPRとともに地酒の消費拡大や交流人口増加、地域振興につなげようと、関係者で実行委員会を組織して1996年から毎年継続。羽根田酒造(白梅)、渡會本店(出羽ノ雪)、冨士酒造(栄光冨士)、加藤嘉八郎酒造(大山)の4酒蔵で寒仕込みの新酒が味わえるイベントとして人気が高い。前売り券販売では例年長蛇の列ができ、中でも「大山新酒を楽しむ会」のチケットは即完売となっている。

 被災という受難に見舞われた今回は、25回を記念して計5種のオリジナル缶バッジのプレゼントなど内容を充実。消費で酒蔵を応援してもらおうと販売ブースも多く設けた。各酒蔵の状況によっては、酒蔵めぐりのルートが制限される箇所も出てきそうだ。

 チケットは▽4酒蔵を巡って振る舞い酒などを楽しむ「酒蔵めぐり」(1600円)▽指定席で数十種類の銘酒・新酒や、小料理を味わう「大山新酒を楽しむ会」(3500円)▽コミセンで各蔵元自慢の大吟醸クラスを飲み比べる「大山4蔵元厳選8種飲み比べ」(1500円)―の3種。酒蔵の支援も込めて値上げした。

 まつり全体の問い合わせは出羽商工会本所=電0235(33)2117=へ。

復旧工事が間に合い一新した麹の枯らし場。内壁や柱などもダメージを受けていたという=3日午後、加藤嘉八郎酒造
復旧工事が間に合い一新した麹の枯らし場。内壁や柱などもダメージを受けていたという=3日午後、加藤嘉八郎酒造

大勢の左党が繰り出す人気の酒蔵まつり=今年2月
大勢の左党が繰り出す人気の酒蔵まつり=今年2月



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field