文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(令和1年) 12月6日(金)付け紙面より

詣でる つかる いただきますキャンペーン 「過去・現在・未来」味わう

 JR各社が連携する大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」が今月31日まで展開されている。庄内では鶴岡市が実施する「詣でる、つかる、いただきます」キャンペーンの一環として1日、同市の湯野浜温泉「亀や」で羽黒山参籠所斎館の伊藤新吉料理長とレストラン経営などを行う「東京會舘」の鈴木直登和食総料理長が競演し、この日限りの料理を提供した。

 「詣でる、つかる、いただきます」キャンペーンは江戸時代に流行した出羽三山を巡る「生まれ変わりの旅」を現代において体験してもらおうとするもの。当時、参拝者は精進料理を食べて入山し、下山後は三山ゆかりの温泉に漬かって俗世に戻り、地酒や旬の食材を味わう「精進落とし」の流儀を楽しんでいたとされている。

 出羽三山3つの山がそれぞれ過去・現在・未来を象徴していることにちなみ、湯野浜温泉ではこれをテーマに創作した料理を現在8つの宿泊施設で提供している。

 この日、びゅうトラベルサービスの旅行プラン「食と酒で語らう旅」に参加したツアー客14人と同館の宿泊客などを合わせた24人が料理を味わった。

 伊藤さんが「里に降りた出羽三山の精進料理」と題した精進料理、鈴木さんが「庄内冬味 過去・現在・未来」と題した料理を提供、腕を振るった。精進料理ではかぼちゃソースを添えた胡麻(ごま)豆腐をはじめ、ぜんまいの白和(あ)え、紅花の茎の炒(い)り煮などを出羽三山神社のお神酒とともに提供。過去・現在・未来を表した料理では、過去を伝統料理、現在には旬の物を使い、未来はこれまでにない新しいものをイメージして創作。旬のハタハタや甘エビ、伝統の温海かぶを使ったものや、一口サイズのカニクリームコロッケなどの創作料理が並び、参加者は一品ごとに舌鼓を打っていた。

 ツアーに参加した東京都世田谷区の介護福祉士、渡部由起子さん(64)は「土地の物が使われ、工夫されている料理ばかり。酒もおいしい土地なので、料理一つ一つに合うお酒を選んで楽しみたい」と話していた。

「里に降りた出羽三山の精進料理」
「里に降りた出羽三山の精進料理」

庄内の冬の味覚や精進料理に舌鼓を打つツアー参加者
庄内の冬の味覚や精進料理に舌鼓を打つツアー参加者



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field