文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 1月11日(土)付け紙面より

酒光陵高生2人が全国優秀賞 IPA情報モラル・セキュリティコンクール

 独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」が主催した本年度の「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」(警察庁、文部科学省、経済産業省、コンピュータソフトウェア著作権協会など後援)で、酒田市の県立酒田光陵高校情報科で学ぶ3年生2人がポスター、4こま漫画の両部門でそれぞれ優秀賞を受けた。このうち4こま漫画部門の後藤莉穂さん(18)は前年と2年続けての受賞で、「この漫画が注意喚起になってほしい」と話した。

 ポスター部門で優秀賞を受けたのは、上林龍太さん(18)。コンクールは、標語やポスター、4こま漫画、書写などの応募作品制作をを通して、全国の児童・生徒から情報モラル・セキュリティーについて考える機会にしてもらおうとIPAが毎年開催しており、本年度で15回目。

 県立高校として唯一、情報科を設置する同校では、情報モラル向上に努めており、その一環で全校生徒が同コンクール応募作品の制作に取り組んでいる。本年度、同校からは標語623点、ポスター32点、4こま漫画37点の計692点を応募。

 全国から集まった6578点の中から最優秀賞1点に次ぐ優秀賞に選ばれた後藤さんの4こま漫画のタイトルは「言葉」。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)に書き込む「言葉」の持つ重さを4こまで表現。一方、4723点から選ばれた上林さんのポスターは盾を持った携帯機器を力強く描いた上で、「自分のスマホに最強の盾を」の文言を入れ、不適切サイトやトラブルから守るフィルタリングサービスの重要性を表している。

 賞状伝達式は先月に同校内で行われ、県警察本部サイバー犯罪対策課の塚本高弘課長が訪問。2人にそれぞれ賞状、記念品を手渡した。後藤さんは「高校最後の参加なので気合を入れて描いた。身近なところで犯罪が起きているということを知ってもらおうと、表情の変化、不穏な雰囲気にこだわった」、上林さんは「スマホを持ち始める年齢が早まっている。フィルタリングを十分に活用してほしい」とそれぞれ話した。

 塚本課長によると、2人の作品は大判ポスターにして今後、広報活動などの際に活用していくという。

コンクールで優秀賞を受けた後藤さんの4こま漫画(左)と上林さんのポスター
コンクールで優秀賞を受けた後藤さんの4こま漫画(左)と上林さんのポスター



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field