文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 1月17日(金)付け紙面より

第15回東日本中学野球大会 優勝果たす

 鶴岡野球連盟中学生野球教室の所属メンバーでつくる鶴岡ドリームス硬式野球クラブが、東京都内で11、12の両日行われた第15回東日本中学生野球大会で優勝した。4年ぶり3回目。

 大会は、軟式球と硬式球の特徴を併せ持つKWBボールの普及や東日本大震災被災地の野球環境づくりの増進を図ろうとNPO法人北多摩の少年野球を育む会が主催。対象は2年生以下で、硬式球の試合経験を積む貴重な場となっている。

 鶴岡ドリームスはこれまで、夏の甲子園で活躍した丸山大選手(鶴岡東出、亜細亜大)、蓮選手(鶴岡東3年)の兄弟をそれぞれ擁した第8回、11回大会でも優勝している。

 今年は本県を含め、茨城、埼玉、東京、神奈川の1都4県から予選を勝ち抜いた計12チームが出場。東大和市の創価学園高等学校東大和野球場などで4ブロックに分かれたリーグ戦と決勝トーナメントが行われた。

 鶴岡ドリームスは、切れ目のない打線とサードを中心とした堅守、元気と仲の良さが持ち味。市内一円の中学生がメンバー入りして臨んだ11月の県予選では酒田ハーバーとの接戦を制して東日本大会へ。

 リーグ戦では茨城の「八千代一中・東中」を6―1、東京の「小平クラブ・ウイングス」を14―0で下した。県予選の精神的な課題も修正できたという。

 決勝トーナメントの初戦、神奈川の「横浜隼人」とのシーソーゲーム。先発で打ち込まれた井上陽太選手(14)=鶴岡一中2年=が決勝打で借りを返し、4―3で勝利した。

 決勝は酒田ハーバー。くしくも県予選と同じカードの庄内勢対決となった。初回に守備のミスから2点失点したものの、その後は無失点。4、5回に打線が爆発、一挙8点を加えて突き放し8―2で勝利。先発した難波隼大主将(14)=朝日中2年=は「打たれたが応援の声が響いた。みんなでプレーしていると実感できた」。最高殊勲選手賞には井上選手が選ばれた。

 身長180センチから繰り出すオーバースローで活躍したエースの菅井颯選手(14)=鶴岡五中2年=は「県予選から成長を感じられた。この経験を部活にも持ち帰って、鶴岡全体の野球レベルを上げたい」、井上選手は「練習方法を教えてもらったり、選手との交流もあっていい経験になった。さらに上を向いていきたい」、高橋征弘監督は「全メンバーが試合に出られ、よく仕上がった。中学総体に向けて経験を各チームに還元してもらいたい」とそれぞれ話した。
           
     

優勝した鶴岡ドリームスのメンバー=15日、鶴岡ドリームスタジアム
優勝した鶴岡ドリームスのメンバー=15日、鶴岡ドリームスタジアム



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field