文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 1月21日(火)付け紙面より

小松田六段が連覇 第61期庄内本因坊戦

 庄内地方のアマチュア囲碁界の最高位を決める第61期「庄内本因坊戦」(荘内日報社主催、日本棋院酒田、鶴岡両支部主管)が18日、酒田市南新町の日本棋院酒田支部で行われた。酒田、鶴岡両地区の代表4人ずつがトーナメント戦を繰り広げた結果、鶴岡地区代表の小松田泰弘・六段(39)=新潟県村上市府屋、公務員=が、昨年に続き連覇を達成した。

 大会は1960年に始まり、庄内では最も長い歴史を誇る。今期は両支部の予選を勝ち抜いた次の8人が出場。各対局とも持ち時間45分、コミ6目半のルールで熱戦を繰り広げた。

 ◇酒田支部▽石井二男・六段(68)=庄内町余目、無職▽池田義則・六段(70)=酒田市市条、自営業▽阿部善孝・六段(72)=同市宮内、無職▽長岡博行・五段(60)=同市東中の口町、アルバイト◇鶴岡支部▽秋庭弘明・六段(81)=鶴岡市宝町、無職▽佐藤重美・六段(77)=庄内町余目、無職▽小松田さん▽石田武夫・五段(81)=酒田市若宮町二丁目、無職

 1回戦は同支部同士の対局を避けて組み合わせ抽選を行い、小松田さん、石井さん、石田さん、佐藤さんの4人が勝ち上がった。

 準決勝第1局は小松田さんと石井さんの対局。黒番の小松田さんが的確に、堅く打ち回し、白番の石井さんの手筋などの攻めをうまくかわし、小松田さんが中押し勝ちした。

 同第2局は石田さんと佐藤さんの対局。序盤は黒番の石田さんが実利、白番の佐藤さんが勢力を張る展開。中央の戦いで石田さんが失敗して右下隅が死に、佐藤さんが中押し勝ちした。

 決勝は小松田さんと佐藤さんの対局。序盤は黒番の小松田さんが実利、白番の佐藤さんが模様を張る展開。中盤に白が薄くなり、中央での競り合いに。黒が厚くなり、打ちやすくなって生き、結局、小松田さんが圧倒する形で中押し勝ちとなった。

 閉会式で本社の橋本政之社長から表彰状を受け取った小松田さんは「連覇を達成できたのはうれしいが、対局内容は細かいミスが多く、満足いくものではなかった。さらに精進を重ね、来年の3連覇を目指したい」と喜びを語った。

 準決勝と決勝の熱戦譜は後日、本紙に掲載する。

 ▽1回戦
小松田 11目半 池 田
石 井 中押し 秋 庭
石 田 中押し 長 岡
佐 藤 中押し 阿 部
 ▽2回戦
小松田 中押し 石 井
佐 藤 中押し 石 田
 ▽決勝
小松田 中押し 佐 藤

熱戦を繰り広げた第61期庄内本因坊戦
熱戦を繰り広げた第61期庄内本因坊戦



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field