文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 1月22日(水)付け紙面より

高校の一般入学試験始まる

 県内のトップを切って、庄内地方の私立高校で21日、一般入学試験が実施された。県によると、私立高校の一般入試のピークは今月末。受験生にとってこれから受験本番を迎える。

 羽黒高校(牧静雄校長)では、A日程の入試が行われた。普通、総合情報、機械システム、自動車システムの4学科合わせて290人の定員に対し、651人が志願。全体の平均志願倍率は、約2・2倍となった。

 この日、昨晩から降り始めた雪が積もったが、同校の15台の送迎スクールバスに大きな混雑は見られず、試験会場となった各教室では予定通り午前9時から出欠確認や説明が行われた。試験開始5分前、問題用紙が配布されると、受験生は緊張した面持ちで静かに開始のチャイムを待った。最初の国語の試験開始の定刻9時20分を迎えると一斉に問題用紙をめくり、落ち着いた様子で問題に取り組んでいた。

 A日程は国語・数学・社会・理科・英語の5教科試験、国・数・英の3教科試験とグループ面接が行われた。A日程の合格発表は24日(金)。B日程の試験は2月8日(土)、C日程は3月18日(水)に同校で行われる。

 鶴岡東高校(齋藤哲校長)では、特進、総合、体育の3コースの前期試験を実施。全体の定員315人に対し志願者数は808人で平均志願者倍率は約2・57倍となった。

 この日は受験生送迎のため、バス15台で対応。前夜からの降雪の影響はなく試験開始までに大きなトラブルはなかったという。受験生たちは手を膝の上に置き緊張した面持ちで試験開始の合図を待ち、午前9時10分にチャイムがなると一斉に問題用紙をめくり試験問題に取り組んでいた。

 庄内地域以外からは最上地域や新潟からの受験生もおり、羽越本線で新潟から通学する生徒もいるとのこと。この日は19の教室と保健室を合わせた20室が受験会場となった。

 前期試験の合格発表は27日(月)。後期試験は2月8日(土)、3月試験は3月18日(水)に行われる。

定刻を迎え一斉に問題に取り組む受験生=羽黒
定刻を迎え一斉に問題に取り組む受験生=羽黒

問題用紙の配布を待つ特進コースの受験生=鶴岡東
問題用紙の配布を待つ特進コースの受験生=鶴岡東



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field