文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 1月23日(木)付け紙面より

営業数日のみ スキー場雪不足

 雪不足で鶴岡市のたらのきだいと羽黒山の両スキー場が苦戦している。いずれもシーズンイン後に営業できたのは、正月後と数日前からの延べ1週間ほどという。関係者は「近年ない雪不足だ」と口をそろえる。

 たらのきだいは5日に初営業。8日までオープンしたが、その後は融雪でクローズ。18日に予定されていた数十年続く恒例の「ファン感謝デー」も今回初めて中止している。21日になってようやくナイター営業を再開。22日は1日営業できたが、積雪は30センチ。「雨が降ればできなくなる」とスキー担当者。

 羽黒山でも同じく5日から滑走可能になり、7日まで営業。18日になって再開した。22日現在の積雪は45センチでリフトは2基あるうち1基のみの運行という。

 仙台管区気象台山形地方気象台の22日発表の予報では、東北地方は向こう1週間、最高気温・最低気温ともに平年より高い見込みという。両スキー場にとっては雪不足の厳しい状況が続きそうだ。

 本県のみならず広く雪不足の中、市内の湯殿山スキー場は客の集中もあった。12月中は駐車場が満車状態。新潟、北関東方面のナンバーも多かったという。同スキー場担当者は「多くの来客で、単純にうれしい悲鳴とは言い難い。ゲレンデの安全面の対応も功を奏して大きな事故も起きていない」などと話した。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field