文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 1月29日(水)付け紙面より

留学生2人が歌と踊り披露 カザフスタン知るイベント

 中央アジア・カザフスタンから日本に留学している女子学生2人による踊りと歌のステージが26日、酒田市交流ひろばで開かれ、華やかな舞と歌声で市民を魅了した。

 酒田共同火力発電(酒田市)の千葉秀樹社長、前田製管(同)の前田直之社長ら6人が昨年9月、豊富な天然資源を有し近年、発展が目覚ましい同国との経済交流の可能性を探るため訪問。今回のステージは同国について広く市民から知ってもらおうと、千葉社長、前田社長はじめ有志が、市国際交流サロン企画運営委員会(阿部愛子会長)が主催した「世界の料理フェア2020」の中で企画した。

 鮮やかな刺しゅうが施された民族衣装を持ち寄って訪れたのは、カザフスタン国立大東洋学部日本語学科を経て、筑波大(茨城県)に短期留学しているエルグルさん、事業創造大学院大(新潟市)で学んでいるジャンサヤさんの2人。

 最初に2人が同国について紹介。「国旗の青は空を、自由に羽ばたくワシはカザフスタン人の命を意味している」「首都はヌルスルタン。最大の都市・アルマティとともに都会」「国民は肉が好き。料理には羊肉や馬肉をよく使う」などと述べた。その後、ジャンサヤさんが歌「コズムヌン・カラス」を、民族衣装に身を包んだエルグルさんは伝統的な踊り「カラジョルガ」をそれぞれ披露。最後は鑑賞していた市民も加わり、エルグルさん、ジャンサヤさんと共にステージ狭しと舞った。

 千葉社長は「経済交流に向け、まずはカザフスタンについて広く市民から知ってもらうことが大切と考えており、文化交流を深めていきたい」と話した。今後は「国際交流まつりin中町」でのイベント開催も検討していく予定。

 一方、ステージ上では中国出身で現在、酒田東高に通う阿部健裕さん(2年)も同国の古典楽器・二胡の音色を響かせて来館者を魅了。「料理フェア」ではフィリピン、韓国、ベトナム、中国、タイの各種料理が提供され、大勢でにぎわった。

華やかな舞を披露するエルグルさん(右)。中央はジャンサヤさん
華やかな舞を披露するエルグルさん(右)。中央はジャンサヤさん



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field