文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 2月8日(土)付け紙面より

今季初の本格的降雪 庄内へ強い寒気 除雪に追われる

 強い冬型の気圧配置の影響で7日、庄内の広い範囲で大雪となった。鶴岡市街地でも今シーズン初の本格的な降雪となり、朝から雪かきに追われる市民の姿が見られた。

 山形地方気象台によると、東北地方の上空約5500メートルに氷点下30度以下の寒気が流れ込んだ影響で冬型の気圧配置が強まった。庄内にも今年一番の寒気が入り込み、全域でまとまった降雪を観測した。

 鶴岡市によると、同日午前8時半現在の24時間降雪量は、鶴岡公園で18センチと市街地も雪化粧。また同気象台によると、同日午前9時現在の24時間降雪量は酒田で7センチ、庄内町狩川で8センチだった。

 鶴岡市内全域では全314台ある除雪車の約6割が出動と今シーズン初めて本格的に稼働。旧市内でも幹線道路などで109台が対応した。同市街地では午前6時すぎごろから降り始めた。同市小真木原町の小野寺義男さん(75)も自宅周辺を今シーズン初めて除雪作業。「このくらいは雪かきのうちにならないよ」と笑っていた。

 予報では、雪は8日も続く。向こう1週間は気圧の谷や寒気の影響で、期間初めは雪でその後は回復の見込み。

乾いた雪が降る中、雪かきに追われる市民=7日午前9時ごろ、鶴岡市美原町
乾いた雪が降る中、雪かきに追われる市民=7日午前9時ごろ、鶴岡市美原町



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field