文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 2月11日(火)付け紙面より

除雪ボランティアに汗流す

 酒田市升田の大台野集落で8日、「日向ささえあい除雪ボランティア」が行われ、県内外のボランティアが独居老人宅などで除雪を行った。

 日向コミュニティ振興会(小松幸雄会長)が中心となり、住民が地域課題を主体的に解決していく「地域支え合い活動」の一環で2012年度から年1、2回実施している。本年度は当初、先月25日とこの日の2回計画していたが、記録的な少雪のため初回は中止。この日も本来は3集落で計画していたが、最も奥まった大台野のみで実施した。東京都や千葉県、鶴岡市などを含めボランティア24人が参加した。

 大台野では例年この時期、積雪が2、3メートルに達しているが、この日は同50センチほどで、「2、3日前まで雪はほとんどなく、水道の検針もできた。ここに嫁いで60年以上になるが、こんなに雪のない年は初めて」(住民)という状況。それでも軒下には屋根から落ちた雪が1メートル以上の高さになり、玄関への道が埋まっている家も。参加者たちはスコップやスノーダンプを使い、手際良く雪を取り除いていた。

 昨年に続き2回目の参加という千葉県館山市の臨時公務員、小澤等さん(65)は「定年を機にボランティアに積極的に参加するようにしている。昨秋の台風で地元が被害を受けた際、全国のボランティアの支援を受けたので、今回はそのお礼の思いも込めて参加した。ここは住民との触れ合いも楽しく、来年以降も参加したい」と話した。

 終了後は日向コミュニティセンターに移動し、住民たちと昼食を食べながら交流した。日向コミュニティ振興会は、除雪ボランティアを含む地域支え合い活動が評価され先月、本年度の総務省「ふるさとづくり大賞」総務大臣表彰を受賞している。

除雪ボランティアを行う参加者たち=8日午前11時ごろ、酒田市升田の大台野集落
除雪ボランティアを行う参加者たち=8日午前11時ごろ、酒田市升田の大台野集落



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field