文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 2月15日(土)付け紙面より

日本遺産「北前船」五輪ホストタウン 酒田市が「るんるんバス」でPR

 酒田市が運行する市福祉乗合バス「るんるんバス」に、北前船の日本遺産と、同市がニュージーランド(NZ)を相手国に登録されている東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンをアピールするラッピングバスが各1台導入され、市内を循環してそれぞれの機運醸成に一役買っている。

 市日本遺産推進協議会(会長・丸山至市長)、市ホストタウン推進協議会(同)の各啓発事業として、「日本遺産の日」(13日)に合わせ、側面と後方にオリジナルのデザインをあしらったバスを先月21日から運行している。

 日本遺産は2017年4月、同市が「北前船寄港地・船主集落」として文化庁の認定を受けた。バスには山居倉庫や相馬楼、本間家旧本邸など同遺産の構成文化財の写真、全国の寄港地自治体でつくる北前船日本遺産推進協議会のロゴマークなどをデザインした。市内循環B線で来年3月末ごろまで運行の予定。

 ホストタウンは17年12月、同市がNZを相手国、トライアスロンを主要種目として内閣府の登録を受けた。今年7月13―23日には五輪選手の事前キャンプを受け入れることが決まっている。バスは下半分を赤く染め、NZの国旗や、同国を象徴するシダ「シルバーファン」、国鳥キウイの絵、「ようこそ トライアスロン・ニュージーランド」の文字などをあしらい、歓迎ムード醸成の狙いも込めた。市内循環A線で今年9月末ごろまで運行する。

 市交流観光課では「市民からは『明るいムードで良い』などまずまずの評判。観光客にも、酒田の日本遺産やNZのホストタウンであることをアピールできれば」としている。

日本遺産の構成文化財などを描いたB線のバス
日本遺産の構成文化財などを描いたB線のバス

NZの国旗やシルバーファンをあしらったA線のバス
NZの国旗やシルバーファンをあしらったA線のバス



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field