文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 2月28日(金)付け紙面より

「日本最古の木造灯台」補修へ

 酒田市は、同市南新町の日和山公園内にある「木造六角灯台」(旧酒田灯台、県指定有形文化財)について、インターネット上で寄付を募るガバメント・クラウドファンディングを使い、補修する計画を進めている。6月の東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーで同公園が同市の出発地点となることから、これに向けて「お色直し」をし、併せて「日本最古の木造灯台」の存在をアピールする。

 灯台は1895(明治28)年10月、最上川左岸河口の宮野浦に建てられた木造六角洋式。施工は、相馬屋(現・相馬樓)や山王くらぶなどを手掛け「名棟梁」といわれた佐藤泰太郎といわれる。その後、対岸に移され、1958(昭和33)年には高砂に近代灯台が完成するとお役御免となり、現在地に移築保存された。高さは約12メートル。88(昭和63)年、県有形文化財に指定された。現存する木造灯台としては日本最古といわれている。六角の形や白塗りの外壁が明治・大正期のロマンを誘い、港町酒田のシンボルになっている。

 補修は5年に1度、所有する市が外壁の塗装を中心に行っており、本来は2020年度事業で行う計画だった。しかし、東京五輪の聖火リレーが6月8日、同市では日和山公園を出発地点に山居倉庫、東北公益文科大、飯森山公園を通るコースで行われるため、前倒しで行うことにした。今月25日に開会した3月定例市議会に、補修のための公園施設再整備事業976万円を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を計上した。

 工事は経年劣化による外壁の塗装、高欄部や壁面の補修、ライトアップ用の照明設備の設置などを予定。予算案が可決されれば、4月中にも工事に入り、聖火リレーまでに外壁の塗装など外側の工事を終え、足場を撤去。聖火リレー後、7月ごろまでに内部の補修も完了する予定。

 クラウドファンディングは、六角灯台や聖火リレーへの関心を高めるため実施する。目標金額は「100万円」を設定。3月2―31日に同市のふるさと納税を扱っているサイト「ふるさとチョイス」で受け付け、集まった寄付は補修に充て、その分、公園施設再整備事業から差し引く。寄付の方法や返礼品は、通常の同サイトのふるさと納税と同じ。

 市土木課では「灯台は、近年多発する集中豪雨などで汚れているが、聖火リレーの時はきれいな姿を見てもらいたい。これを機に、こうした貴重な文化財が酒田にあることを知ってもらえたら」としている。
 クラウドファンディングについては3月2日以降、ふるさとチョイスへ。

聖火リレーに向け「お色直し」予定する酒田市の日和山公園の木造六角灯台
聖火リレーに向け「お色直し」予定する酒田市の日和山公園の木造六角灯台



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field