文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 3月25日(水)付け紙面より

海岸のイルカ1頭救出

 22日午後6時20分ごろ、遊佐町吹浦の西浜海岸にイルカ1頭が打ち上げられているのを近くに住む男性が発見、家族を通じて118番通報した。酒田海上保安部は、以前に千葉県内でクジラ救出に携わったことのある巡視船「つるぎ」の前田哉航海長ら5人を陸上から現場に派遣。「追い出し作戦」を「決行」して約1時間半後、イルカは海に戻っていった。

 前田航海長によると、クジラ類の座礁「ストランディング」していたのは、背びれの形からカマイルカの雄とみられ、体長は2メートル弱。現場に着いて確認したところ、波は高いものの、完全に打ち上がっていない上、ひれも動いていたことから海に戻せると判断したという。

 千葉県銚子市で2011年4月、今回よりも大柄なゴンドウクジラの救出を行ったことのある前田航海長は、騒音を嫌うという習性を利用、同7時10分ごろからスコップ2本をたたいて甲高い音を出し、周囲を海保職員が囲んでイルカを沖に向かって押し出す作戦を展開した。

 当初は水深が浅過ぎてなかなか波に乗れなかったイルカだったが、同7時45分ごろ、沖に向かって泳ぎだした。完全に打ち上がっていた場合を想定し、酒田海保は乾燥を防ぐためにかぶせる毛布、沖に引き戻すためのロープなども持参したという。前田航海長は「ストランディングしてから時間がたっていたようで弱っていたが、何とかなりそうだと思って作戦を行った。無事に戻すことができて何より」と話した。

西浜海岸に打ち上げられたイルカ
西浜海岸に打ち上げられたイルカ

スコップで騒音を出しイルカを海に戻す海保職員たち=22日午後7時半ごろ
スコップで騒音を出しイルカを海に戻す海保職員たち=22日午後7時半ごろ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field