文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 3月26日(木)付け紙面より

東京五輪1年程度延期

「21年夏までに」首相とIOC会長合意

 今夏開催の東京五輪・パラリンピックが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、1年程度延期されることになった。五輪が戦争などで中止された例はあるが、延期は史上初。これに伴い、26日に福島県をスタートし全国を巡回する予定だった聖火リレーも中止が決まった。

 安倍晋三首相が24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話会談し、東京五輪・パラリンピックを延期し、遅くとも2021年夏までに開催することで合意した。会談後、首相公邸前で会見した安倍首相は、電話会談でバッハ会長に対し、「現下の状況を踏まえ、世界のアスリートが最高のコンディションでプレーでき、観客にとって安全で安心な大会とするために、おおむね1年程度延期することを軸に検討してほしい」と提案したことを明らかにした。バッハ会長は「100パーセント同意する」と応じたという。会談では中止はないことを両者が確認した。

 その上で安倍首相は「今後、人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証しとして完全な形で東京五輪・パラリンピックを開催するために、バッハ会長と緊密に連携していくことで一致した。日本は開催国の責任をしっかりと果たしていく」と強調した。

 東京五輪は7月24日に開幕予定だった。開催の1年程度延期に伴い、既に決定している日本代表選手や今後予定されている代表選考の取り扱いなどについて、国内の各競技団体にとっては大きな課題となりそうだ。


国内聖火リレー中止

 一方、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日夜、国内の聖火リレー中止を発表した。

 組織委は東京五輪の延期日程に合わせ、あらためて聖火リレーの日程を決める。既に公表しているリレーのルートを尊重し、聖火ランナーも優先的に起用する方針を示した。庄内地域では6月8日に鶴岡市、遊佐町、酒田市の順で、庄内では初となる聖火リレーが行われる予定だった。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field