文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 3月29日(日)付け紙面より

山車行列や露店中止 酒田まつり規模縮小

 酒田市の酒田まつり実行委員会(実行委員長・弦巻伸酒田商工会議所会頭)は27日、今年の酒田まつり(本祭り・5月20日)について、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図る観点から、呼び物の山車行列などは行わず、神事を中心に規模を縮小して開催する方針をあらためて発表した。

 事務局の市交流観光課によると、24日に実行委員会を開いて決めた。実施を見送るものは、露店の出店、興行(昨年は猿回しなど)、山車行列、式台の儀。いずれも大勢の人が集まり、クラスター(集団感染)発生のリスクが高くなるためという。露店は例年、日和山公園から中通りにかけて約300店が出店し、大勢の家族連れが繰り出す。山車行列は、昨年は47団体の約3600人が参加して市中心部を練り歩くなど、酒田まつりの呼び物となっている。

 宵祭り(5月19日)は規模を縮小して実施する。昨年に実施した花魁(おいらん)道中や黒森歌舞伎など参加団体が出演するイベントは実施しない。高さ20メートル超の山車「立て山鉾(やまぼこ)」の設置の有無は、先の実行委では結論を出さず、設置主体の酒田青年会議所が検討課題として持ち帰った。結果は4月7日に実行委側に説明する予定になっている。

 江戸・慶長14(1609)年から一度も欠かさず続けられている山王祭の神事として、上、下両日枝神社の各神事、上、下両神宿(とや)の開設、渡御行列は、例年通り実施する。ただ、渡御行列の稚児行列は今後、実施の有無を検討する。

 市交流観光課では「クラスター感染のリスクが高くなる機会をつくらないことと、400年以上も一度も欠かさず続けられてきた伝統を継承する2点に留意した決定であり、ご理解を」としている。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field