文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 5月23日(土)付け紙面より

今年は体操着姿も元気に田植え体験

 酒田市の南平田小学校(加賀谷成秀校長)の5年生52人が22日、学校近くにある実習田で苗の手植え作業を体験した。女子児童は例年、ハンコタンナにかすりの着物、モンペという伝統的な「庄内おばこ」姿になり実施していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため今年は見送り。児童たちは額に汗しながら丁寧に作業に当たった。

 1993年から毎シーズン、同市飛鳥の農業、土田治夫さん(59)の水田10アールを借り、5年生が社会科と総合学習の一環で実施している。地域のおばあちゃんたちから着付けを手伝ってもらい、女子児童はこれまで「庄内おばこ」姿になっていたが、「密接」を避けるため体操着での体験となった。

 児童たちはこの日、土田さんから苗の植え方を教えてもらった後、素足になって田んぼに。怖々とした表情で一歩ずつ泥の中を進みながら、「つや姫」の苗を5、6本ずつ丁寧に植えていった。泥の中から足を上げるたびによろめく児童が多く、「きゃー」という歓声が周囲に響き渡った。

 参加児童の一人、後藤颯心君(10)は「田んぼの中は少し冷たかった。腰を曲げているのでかなり疲れた。おいしく育ってほしい」と。土田さんは「苗の生育は良い。感染症の影響で体験を中止する学校が多くある中、実施することができてまずは良かった」と語り、「若い世代から食に関心を持ってもらうことはとても大切なこと。このような機会を通して呼び掛けたい」と話した。

 児童たちは今季、田んぼの他、バケツの中で稲を育てる「バケツ稲」にも挑戦する。観察などの学習を進め、10月には手刈りによる稲刈りとくい掛け、足踏み式脱穀、11月には土田さんら協力者を招き、恒例の収穫感謝祭を行う予定。

南平田小の5年生が手植え作業を体験
南平田小の5年生が手植え作業を体験



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field