文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 5月26日(火)付け紙面より

ラベンダー畑で摘み取り体験 今年6月末から 来シーズンへ補植準備

 庄内町狩川の風車村(工藤時雄村長)で24日、「風車村ラベンダー畑復活作戦」としてラベンダー苗の鉢上げ作業が行われた。

 昨年、一昨年と中止が続いた「ラベンダー摘み取り体験」を今年6月末から復活させようと、同町観光協会の職員や地域おこし協力隊ら約20人が参加。鉢植え栽培の専門家日向一弥さんの指導の下、風車村内に設置されたビニールハウス内で作業に精を出した。

 プランターで育てられた苗を一株ずつ鉢に移し替え、土を換えて水やりし、涼しい屋外の木陰に移した。鉢上げされた苗はここで1年間休ませてから来春定植される。

 工藤村長は「ラベンダーは地中海地方の植物なので、蒸し暑い日本の夏には若干数が枯れてしまう。枯れた分を毎年補植していき、今年からラベンダー摘み取り体験を復活させたい」と話した。風車村のラベンダーは東京都港区白金にも出荷しており好評という。「摘み取り体験も毎年期待してくれるファンが多い。風車村の名物を復活させたい」と語った。

日向さん(右)の指導の下、鉢上げ作業にいそしむ
日向さん(右)の指導の下、鉢上げ作業にいそしむ

鉢上げされた苗は風通しの良い木陰で1年間休ませる
鉢上げされた苗は風通しの良い木陰で1年間休ませる



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field