文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 5月27日(水)付け紙面より

コロナ禍活動休止 鶴岡市のスポ少一斉練習再開

 コロナ禍のため活動休止していた鶴岡市内のスポーツ少年団が25日、一斉に活動を再開させた。

 朝暘六小の児童を中心に活動する「峰栄女子バレーボール」は第六学区コミュニティセンター体育館で午後5時から始動。団員10人が全員集まった。「長く練習できなかったからすごくうれしい。みんなと仲良くプレーしていきたい」と6年・五十嵐あおい主将(11)。4月5日以来の集合だったが、実質3カ月間ほとんど練習できておらず、選手たちも最初のうちはボールがなじまなかった。しかし2時間の練習中で少しずつ勘が戻って、レシーブ練習でも声が出始めた。

 春の公式戦は軒並み中止になった。夏から秋は仕切り直しで行われる大会もありそうだ。栗田新一監督(62)は約20年間の指導キャリア中「インフルエンザがはやって、相手選手と握手しないことなどはあった」と振り返りつつ「長期間、バレーをしたくてもできなかった気持ちをうまく導いて、選手たちのやる気につなげていきたい」と再出発に意欲的だった。

 峰栄野球スポ少では六小グラウンドで活動を再開した。昨夏の甲子園で1試合2本塁打を放った鶴岡東・丸山蓮選手(現立正大1年)が育ったチームで、瀬尾陽斗主将(11)は「みんなとまた野球ができてうれしい」と笑顔で練習に励んでいた。

レシーブ練習に励む女子バレー団員たち=第六コミセン
レシーブ練習に励む女子バレー団員たち=第六コミセン

野球スポ少はキャッチボールで肩ならし=朝六小
野球スポ少はキャッチボールで肩ならし=朝六小



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field