文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 5月29日(金)付け紙面より

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。

 式では新型コロナウイルスの早期終息を願ってお経が上げられた。「暗いニュースが続いたが龍神の力で皆さまに光を照らしたい。これから夏場にかけて寺の名物になってもらえればと思っている」と同寺広報。提灯内部から光を発せさせず、周囲にスポットライトを配してライトアップさせる。夜になっても山門は閉じられることなく24時間参拝できる寺だけに、夏は夕涼みがてらの参拝客へのサービスになりそうだ。

 「寺のシンボルになるものを新しく作ろう」と2年ほど前から五十嵐住職が発案し、東京・浅草「雷門」の大提灯(縦3メートル90、直径3メートル30)と同じ京都・高橋提燈に発注し、今月16日到着した。縦2メートル20、直径1メートル80と雷門に比べ小ぶりだが、近くに寄ると迫力がある。全て手すきの和紙で作られた。

 「龍神」はこの寺の守り神で水を呼ぶ神。航海安全、大漁祈願のため海運・漁業関係者が多く訪れることでも有名だが、提灯の裏には男女の龍神が仏の弟子となったことを示す戒名「龍道大龍王」「戒道大龍女」が記されている。

「龍王尊」と書かれた大提灯
「龍王尊」と書かれた大提灯

裏には男女の龍の戒名
裏には男女の龍の戒名



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field