文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 6月26日(金)付け紙面より

議員定数4削減28へ 公明、新政ク賛成21年10月改選適用 鶴岡市議会特別委

 鶴岡市議会の議員定数等検討特別委員会(渋谷耕一委員長、委員12人)は25日、第11回委員会を開き、任期満了に伴う次期改選の2021年10月の市議選から、現行の議員定数32を4削減して新たに28とすることを最終決定した。今年9月の市議会定例会に関連条例の改正案を提出する。

 この日の委員会では、市議会の4会派それぞれの委員が、各会派での議員定数に関する意見集約の結果を報告。共産党市議団は「現状維持」、市民クラブは「30」、公明党と新政クラブはそれぞれ「28」とした。

 引き続き委員長を除く委員11人で採決を行い、「現状維持」に2人、「定数30」に2人、「定数28」に7人が賛成、過半数となった定数28に決まった。委員会終了後、渋谷委員長は「人口規模や財政規模がほぼ同じ全国の類似自治体と比べ、鶴岡市議会の定数32は多い現状にある。人口減少、行財政改革を踏まえた市議会としての考えがまとまった」と述べた。

 定数等検討特別委は昨年6月、4会派の議員を委員に設置。これまで全議員アンケート、市民意見公募、市議会モニターや市民各層の代表による参考人の意見聴取などを実施しながら、1年にわたり議論を継続してきた。来年10月の次期改選に向け、新定数の周知期間を設ける考えから、今年9月定例市議会での議決を想定していた。

 同市議会の議員定数は旧6市町村が合併した2005年10月は特例で「38」、09年10月に「34」、13年10月に現行の「32」と削減してきた。



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field