文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 6月27日(土)付け紙面より

地元球児バックアップ 社会人6チーム30人協力  中・高3年最後の大会サポート

 夏の甲子園野球の県代替大会・庄内地区予選に地元の社会人6チームがサポートを買って出ることになった。硬式の鶴岡野球クラブなどで25日の組み合わせ抽選に先立ち、会場となる鶴岡ドリームスタジアムで会合を持った。サポートは田川中体連大会・野球競技でも行われることになり、地元の中・高球児にとって力強いバックアップになりそうだ。

 内容的にはグラウンド整備、給水、ボールボーイ、消毒作業、検温、旗掲揚など7項目に各日計30人が動員される。高校大会では7月11、12、18の3日間。中学大会は同23日からの予定。呼び掛け人の鶴岡野球クラブ遠藤智彦監督は「高3、中3の2世代は最後の晴れ舞台がなくなってしまい、それを思うと言葉にならないほど残念で悔しい気持ちだと思う。代替大会ではあるが、最後の大会を無事に終了するため、協力したい」とサポートの理由を話した。打ち合わせ会では鶴岡地区野球連盟の曽川利和会長が「プロ野球も開幕した。無観客ではあるけど、やはり野球はいいな、とあらためて思う。選手たちが精いっぱいのプレーができるよう、サポートしてほしい」と激励した。

 ◇参加サポートチーム▽硬式=鶴岡野球クラブ▽軟式=三川球友、鶴岡信用金庫、プレイヤーズ、オール鶴岡、鶴岡市役所野球部

各自のユニホームに身を包んだチーム関係者。試合当日は統一されたビブスを着用してサポートに当たる
各自のユニホームに身を包んだチーム関係者。試合当日は統一されたビブスを着用してサポートに当たる



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field