文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 7月7日(火)付け紙面より

鳥海高原の新酪農牧場工事地鎮祭 900頭規模 来年2月完成目指す

 酒田市草津の鳥海高原牧場を第三セクターから引き継いだ「鳥海高原デーリィファーム」(社長・延與雄一郎ノベルズ社長)の牧場新築工事の地鎮祭・安全祈願祭が6日、現地で行われ、関係者が神前に玉串をささげて工事期間中の安全を祈願した。

 市が所有している鳥海高原牧場は市の第三セクター「鳥海やわた観光」が無償貸与を受けて酪農を経営し、生乳を「鳥海高原ヨーグルト」の生産に使用。しかし、夏の暑さなどから搾乳量が安定せず、飼料価格の高騰などもあって昨年9月末で貸与契約を終了。市が牧場を活用する企業を探す中で、北海道上士幌町を拠点に牧場を経営している「ノベルズ」が手を挙げ、新会社を設立。同10月から市の有償貸与を受け、新牧場開設の準備を進めている。

 広さ約25ヘクタールの鳥海高原デーリィファームは乳牛「ホルスタイン」に肉牛「黒毛和牛」の受精卵を移植、乳牛・肉牛双方を生産するノベルズ独自のシステムを用いて経営する。牧場名は社名と同じ。ホルスタイン900頭規模の経営を目指す。ノベルズは子牛の育成を担う「酒田DF育成牧場」(延与猛社長)も同時に設立し、酪農牧場とは別に、同市升田・大台野に広さ約6ヘクタールの育成牧場を設ける。

 草津の新牧場敷地内で行われた地鎮祭・安全祈願祭には市やノベルズ、地域の農業関係者ら約70人が出席。延與社長、延与社長がくわ入れを行ったほか、神前に玉串をささげた。延與社長は「これまで尽力いただいた人たちに感謝。完成後は北海道で培ったノウハウを生かし、地域創生にも貢献していきたい」とあいさつした。新牧場は15日(水)に着工し、来年2月末の完成を目指す。生乳は全量をJAに販売し、鳥海やわた観光のヨーグルト生産にも使われる。

「鳥海高原デーリィファーム」のイメージ図
「鳥海高原デーリィファーム」のイメージ図

神事で鍬入れを行う延與社長(奥)と延与社長
神事で鍬入れを行う延與社長(奥)と延与社長



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field