文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 7月10日(金)付け紙面より

甲子園高校野球交流試合 鶴岡東VS日本航空石川

 2020年甲子園高校野球交流試合(8月10~17日)のオンラインによる組み合わせ抽選が8日行われ、鶴岡東は16日(大会第5日)の第3試合で日本航空石川と対戦することが決まった。勝っても負けても1試合だけの甲子園経験になるが、チームは気持ちを一心させ、大会に向かうことを誓った。

 鶴岡市高坂の練習グラウンド。バックネット裏の同部室内施設でパソコンを見ながらZoom(ウェブ会議システム)の抽選会に臨んだ鈴木喬主将は相手が決まってホッとした面持ち。「甲子園で試合できることに感謝したい。自分たちがしてきたことを出し切り、精いっぱいのプレーをしたい」と力強く話した。

 相手校に関しては「投打のバランスが取れたチームという感じ。石川は強い地域という印象があるので全力で臨みたい」と気持ちを引き締めた。

 41年ぶり2回目のセンバツ出場を決めながら、新型コロナウイルスの感染拡大のためセンバツは中止に。気持ちを切り替えた夏の甲子園も中止になった。張り詰めたものが何度も切れかけたが、35人の3年生部員は昨秋から離脱もなく、エース右腕・太田陽都(3年)らも順調な歩みを見せている。先月の週末は県外の強豪校との練習試合を重ね、強化に努めた。

 佐藤俊監督(48)は1試合限りの甲子園の試合に「確かにトーナメント戦と違って気持ちの持っていき方は難しいが、準備をしっかりして臨ませたい。甲子園で試合ができる喜びを持ち、はつらつと全力プレーができるようチームをつくっていきたい」と話した。

 夏の甲子園の代替大会(県高校野球大会2020)も日曜日(12日)に初戦(対鶴岡中央)を迎える。これを突破すれば、県大会さらに優勝校だけが出場できる東北大会が待っている。昨秋の県王者が、いよいよ復活舞台を迎える。

センバツ代替大会の対戦相手が日本航空石川に決まり、気持ちも新たな鈴木喬主将
センバツ代替大会の対戦相手が日本航空石川に決まり、気持ちも新たな鈴木喬主将

※左が一塁側 予備日:13、14、18、19日
※左が一塁側 予備日:13、14、18、19日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field