文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 8月1日(土)付け紙面より

短い夏休みだけど頑張るぞ!

 鶴岡市を中心にした庄内地方の多くの小中学校で31日、1学期の終業式が行われた。今年は新型コロナウイルスの影響で始業が約1カ月遅れたため、終業式は例年より10日前後遅く、「3密」を避け校内放送で行う学校もあった。

 今年の庄内地方の小中学校の終業式は、最も早い立川中(庄内町)の7月28日から、最も遅い酒田市内の多くの学校の8月7日までばらつきがある。31日は鶴岡市と庄内町の22小学校と9中学校の計31校で終業式が行われた。

 このうち鶴岡市の朝暘第二小学校(高野勝彦校長、児童327人)では新型コロナの影響で当初計画より9日遅く、校内放送で実施した。児童代表2人が「今年はコロナのせいで学校は5月から始まった。クラス替えがあって新しい友達ができ、普通に通えるようになり、うれしくなった」など1学期の取り組みを発表。高野校長が「コロナのせいでさまざまな行事が中止になったが、みんなやる気をなくさず、気持ちを切り替えてよく頑張った。夏休みはいつもより短くて残念だが、宿題も少ないはず。新しいことに挑戦し、2学期には全員が元気に登校して」と呼び掛けた。

 1年1組では児童30人がマスクを着け、静かに放送を聞いた。担任の伊藤愛先生が夏休みに気を付けてほしいことを、消防車や救急車などの緊急車両の種類別に説明、「命、お金、時間を大切にし、いろんなことにチャレンジして」と呼び掛けた。その後、夏休みの生活表に起床・就寝時間、「はやねはやおき」「ママのてつだい」などの目標を書き、全員が「夏休み頑張るぞー」と大きな声とともに表を高く掲げた。8月18日までの短い夏休みに入った。

終業式後の教室で、「夏休み頑張るぞー」と生活表を掲げる子どもたち=31日午前9時すぎ、鶴岡市の朝暘二小
終業式後の教室で、「夏休み頑張るぞー」と生活表を掲げる子どもたち=31日午前9時すぎ、鶴岡市の朝暘二小



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field