文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 8月5日(水)付け紙面より

豪雨 農産品に大きな被害 吉村知事 庄内視察

 吉村美栄子県知事が3日、先月27、28日の豪雨によって被災した庄内各地を視察した。回ったのは5カ所で農地が冠水した庄内町千本杉を皮切りに鶴岡市楪(ゆずりは)→三川町青山→鶴岡市湯野沢を回り、最後、同市朝日地域の月山ワイン貯蔵庫を見た。

 青山の現場では地元各首長に囲まれながら、赤川の土手に立ち、川原が全て水浸しになり、流木などのゴミが柿畑や野菜畑に流れて地面を覆ったことなどを聞いた。青龍寺川と赤川の合流点近くで床上浸水した民家では32年ぶりの洪水被害の恐怖を聞き「大変だったわね」と話に耳を傾けた。住人の佐藤栄子さんは「主婦感覚で話ができた。話しやすかった」と振り返り、地元にあった国土交通省の水のくみ上げポンプの稼働が早かったら、被害は少なかったことなどを率直に話していた。

 月山ワインの貯蔵庫では沢の鉄砲水が旧トンネル道の壁を破り、床上1メートルまで浸水したことを聞いた。約2万5000本のワインのうち8000本が泥や水をかぶったといい「瓶の表面を洗ったとしても商品化できるか分からない」という従業員の説明に眉を曇らせた。

 視察を終えた吉村知事は最上川流域の大江町、大石田町は「住宅被害が多かった印象」とし「庄内では重要な産業である農産品に大きな被害を受けたことを実感した。収穫間際の枝豆や果樹などが水に浸かったことを深刻に受け止めている。国そして各市町と協力して復興や支援に努めたい」と話した。

 同行した皆川治鶴岡市長によると山間部では沢水があふれ、暴れたことで林道約60カ所に被害が出ており、農産物なども合わせると約200カ所が被災したという。

阿部誠三川町長(右端)、佐藤正弘・青山町内会長(右から2人目)、皆川鶴岡市長(左端)らから説明を受ける吉村知事
阿部誠三川町長(右端)、佐藤正弘・青山町内会長(右から2人目)、皆川鶴岡市長(左端)らから説明を受ける吉村知事



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field