文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 8月8日(土)付け紙面より

甲子園交流試合 鶴東ナイン決意新た

 甲子園高校野球交流試合に出場する鶴岡東高の壮行式が6日、同校体育館で行われた。昨夏に続く“2年連続”の甲子園出場だが、コロナ禍のために今年は16日の日本航空石川戦に勝っても負けても1試合限りとなった。

 吹奏楽・チアリーダーも帯同できない原則無観客試合。齋藤哲校長は高体連など全国大会が軒並み中止になったことを挙げ「他の部の3年生部員は入学以来の集大成の場がなくなった現状がある。そうした人たちのことも胸に刻んで頑張ってほしい」と励まし、部員たちは神妙に耳を傾けた。

 吹奏楽部は本来、センバツ開会式の行進曲に選ばれていた「パプリカ」を入場時に演奏、はなむけにした。また19人いるチアダンス部は同校のオリジナル行進曲「東風(こち)」の演奏に合わせ、野球部にエールのパフォーマンスを繰り広げた。

 全校638人で手掛けた勝利を祈った千羽鶴と公式球を贈られた鈴木喬主将は「コロナウイルス、大雨被害など暗い話題が続いていますが、自分たちのプレーで少しでも明るくできるように頑張りたい」と力強く決意。同部は9日から宮城県石巻市で行われる東北大会に出場。その後試合前日15日、空路庄内空港から甲子園に向け出発する。

 吹奏楽部・大川優菜部長(3年) 甲子園に応援で行けないのは本当に残念。壮行式で精いっぱい演奏しましたが、残念さはぬぐえません。(今年度は吹奏楽コンクールが中止に)

 チアダンス部・加藤千絢部長(3年) 部員がそれぞれテレビの前で応援しています。甲子園勝利願っています。(8日に3年生部員の“お疲れさま会”が校内で行われる)

チアリーディングの輪の中を野球部員が退出。15日に甲子園に向かう
チアリーディングの輪の中を野球部員が退出。15日に甲子園に向かう



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field