文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 8月30日(日)付け紙面より

酒田港国際ターミナル整備完了し供用開始

 国土交通省と県が、酒田港国際ターミナルがある酒田市の高砂埠(ふ)頭(とう)で整備を進めてきた岸壁延伸とコンテナヤード拡張の工事が完了し29日、供用が始まった。大型コンテナ船の2隻同時受け入れ、コンテナ蔵置能力の拡充による安定的な物流の実現で、各産業への波及効果、企業の新規立地などが期待される。

 酒田港のコンテナ取扱量は花王酒田工場の紙おむつ輸出を中心に急増し、2014―17年は4年連続で過去最高を更新。このため国交省が県と連携し、海運物流拠点としての機能強化を目的に16年度に両工事がスタート。コンテナ船接岸部分は国が整備し、これまで280メートルだった岸壁を430メートルに150メートル延伸。荷さばきや野積み場所となる岸壁背後地のコンテナヤード拡張は県が担当。拡張部の広さは1・1ヘクタール。1000TEU(20フィートコンテナ換算)級のコンテナ船が2隻同時に着岸し、貨物の荷さばきができるようになる。事業費は国、県合わせ約45億円。積み降ろしに使う大型コンテナクレーンも備え、迅速な輸送や受け入れができるようトラックゲートを新設した。

 29日午前、拡張部供用式が現地で行われ、約50人が出席。国交省港湾局の高田昌行局長が「酒田港が環日本海の経済交流を支える物流拠点として活性化するよう共に尽力する」、吉村美栄子知事が「酒田港のにぎわいが本県のにぎわいにつながる」とあいさつ。加藤鮎子衆院議員、丸山至市長らが祝辞を述べた。この後、関係者がテープカットし、供用を祝った。

供用開始を祝って関係者がテープカット
供用開始を祝って関係者がテープカット



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field