文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 9月2日(水)付け紙面より

ワインツーリズムに大きな可能性 酒田、鶴岡のワイナリー3カ所視察

 庄内産ワイン振興プロジェクト会議(高橋幸司会長)の視察が31日行われた。県庄内総合支庁に事務局を置く同会議が主催したもので、酒田市黒森・楯の川酒造ワイナリー、同じ地区内の日向エステート・ワイナリーと鶴岡市下川の窪畑ファームの3カ所を回った。

 そのうちロケーションの良さで注目を集めたのが窪畑ファームだった。15アールのヤマ・ソービニオン種のブドウは実も大きくなって、収穫を待つが、湯野浜温泉街に近く、リゾートマンションが隣接している場所にある。「建設会社の下部組織としてのワイン参入で、試行錯誤の最中です」と山本学農場長は話したが、小関敏彦特別顧問(県酒造組合)は「立地条件がいいですね。温泉の観光と一体化したワインツーリズムは相乗効果が望めるわけだし、大きな可能性がある」と話した。

 ただその後のミーティングで特別顧問は注意点も語った。今年4年目を迎える振興会議だが「夢も大きくなるが、行き当たりばったりではダメ。利幅、卸、生き残りを懸けて、しっかりした計算が必要。庄内ではどんな品種が合うのかなど、互いに協力し合い、悩む面を互いに少なくする努力を」と話した。3事業者に加え月山ワイン山ぶどう研究所、エルサンワイナリー松ケ岡の計5カ所の会員同士の共同作業も促していた。

 前回の会合では小規模新規参入者のハードルを下げるため、ワイン特区申請の可能性が協議されたが、5事業者は中規模以上のため、先送りされることになった。今後「食の都庄内」ブランド推進協議会の事業として、庄内産ワインのさらなるPRを実施していくことも申し合わされた。

 高橋会長(鶴岡高専校長) 今週はエルサンワイナリーの発表会もあるし、今後も5事業者が横の連携を取りながら、庄内産ワインの品質を高めてほしい。もちろん小規模参入者も待っている。いろんな取り組み方があっていいと思う。

リゾートマンションがすぐ望める窪畑ファーム。ワインツーリズムには格好の場所
リゾートマンションがすぐ望める窪畑ファーム。ワインツーリズムには格好の場所



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field