文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 9月3日(木)付け紙面より

五穀豊穣と終息の願い コロナ禍の秋の峰締めくくる 出羽三山神社「八朔祭」

 出羽三山神社(宮野直生宮司)で受け継がれる山伏修行「秋の峰」を締めくくる神事「八朔(はっさく)祭」が31日、羽黒山頂で行われた。例年、同祭では秋の峰で修行を積んだ修行者が夜間に勇壮な火祭りを繰り広げるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため修行への一般参加者を受け付けず、神職などの関係者で行った。

 八朔祭は五穀豊穣(ほうじょう)を願うとともに、擬死再生の行に臨む修験者たちが生命を得て生まれ変わるための自身の葬儀ともされる。同神社によると、秋の峰に一般参加者を受け付けなかったことは、修験道廃止令の明治期と戦時中の1945年を除いて初めてという。

 同日は神職と山伏およそ30人で日中に神事を行った。定刻を迎えると蜂子神社前の護摩壇(ごまだん)では火祭りの大柴燈祭(だいさいとうさい)が行われ、燃え盛る火に向かって五穀豊穣のほかに世界平和やコロナ終息、天下泰平など全国の信者から寄せられた願いが読み上げられた。

 同神社の吉住登志喜禰宜(ねぎ)は「今年はコロナ禍で一連の行事ができなかったが、国民にとって、世界の人にとってもきちんとした五穀が実ることで一日も早く安泰な生活が取り戻せるように願いを込めた」と話した。

山伏修行「秋の峰」を締めくくる神事「八朔祭」が神職など関係者のみで行われた=8月31日、鶴岡市羽黒山蜂子神社
山伏修行「秋の峰」を締めくくる神事「八朔祭」が神職など関係者のみで行われた=8月31日、鶴岡市羽黒山蜂子神社



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field