文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 9月19日(土)付け紙面より

日沿道 橋りょう現場を西荒瀬小児童が見学

 年内の開通に向けて整備が進む日本海沿岸東北自動車道酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間のうち、日向川に架かる仮称・日向川橋一帯の見学会が17日、現地で行われ、地元・西荒瀬小学校(久米井浩校長)の6年生22人が見聞を広げた。

 新型コロナウイルス感染症のため多くの学校行事が中止となる中、6年生から思い出をつくってもらおうと、西荒瀬コミュニティ振興会(鈴木勝会長)と同校が、国土交通省酒田河川国道事務所(菅太所長)、施工を担う大場建設(同市穂積、大場弥市社長)の協力で実施。同事務所職員、同社社員の案内で橋りょう工事、同川沿いで行われている護岸工事の現場を見学して回った。

 このうち橋りょう部では、同事務所酒田国道維持出張所の長岐貞行建設監督官が工事概要を解説。児童たちを前に「この橋を架けるため1200トンの鉄を使用している」「酒田みなとIC―遊佐比子IC間5・5キロの工事着手は2009年でいわば、皆さんとは“同級生”」などと述べた。

 児童たちは「早く車で渡ってみたい」「きれいな道になりそう」と。見学会に同行した西荒瀬コミ振の阿彦忍事務長は「完成間近の道路を通るたび、今日学んだこと、さまざまな資材を使い、多くの人が携わってできたということを思い出してもらえたら」と話した。

画像(JPEG)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field