文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 9月27日(日)付け紙面より

里山もみじ御膳 櫛引、朝日、羽黒7軒の秋限定 28日から

 今秋、鶴岡市櫛引・朝日・羽黒3地域7軒の料理店で展開される「里山もみじ御膳」の発表会が25日、櫛引地域・中田の安野旅館で行われた。出羽商工会が催した。コロナ禍で今年は苦戦してきた各料理店だが、盛り返しを懸ける試み。「里山もみじ御膳」の名前の下、メニューは各店に任され、地産地消の里・山・海の幸に満ちたものになる。

 同旅館の安野良明さん(67)は「今夏はいつまでも暑かったのでキノコ類は遅れているが、本格的な秋になれば、さらにいい食材が入ってくる。櫛引を感じられるものにしたい」と意欲的。くるみ豆腐、庄内柿の葉寿司、鮭西京焼き、あけびキノコ味噌、キノコの串揚げ、イモ煮、イチジク甘露煮など品ぞろえが豊富で、どれを食べてもおいしく、締めのデザートもフルーツタウンから直送だから新鮮そのもの。これで2500円(税別、各店共通)。満足度が高いものになった。イベント自体は今年3年目。同旅館は昨秋5軒合計542膳中、236膳を提供した。

 同商工会の松本寿太副会長(70)は「各料理店とも、今回に懸ける思いは強い。品ぞろえ、カラーは自由だし、期間中互いに盛り上げてほしい」と相乗効果を期待した。今年は新たに羽黒地区から「あらかわ」「休暇村庄内羽黒」が加わった。

 期間は28日から10月末日まで。事前予約が必要となっている。

 ◇提供店▽櫛引地域=安野旅館(電0235―57―2071)花咲季(57―5710)割烹秋山(57―2212)▽朝日地域=すが忠(53―2500)朝日屋(55―2233)▽羽黒地域=あらかわ(64―1922)休暇村庄内羽黒(62―4270)

テーブルに並べ切れないぐらい彩りよく用意された里山もみじ御膳(安野旅館)
テーブルに並べ切れないぐらい彩りよく用意された里山もみじ御膳(安野旅館)

発表会の様子
発表会の様子



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field