文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 9月30日(水)付け紙面より

インフルエンザ予防接種 時期を分けて実施

 10月1日、インフルエンザの予防接種が全国一斉に“解禁”となる。新型コロナウイルスの感染拡大があって、今年はいつになく関心が高い。加えて国も今年は勧奨態勢を取った。各自治体とも助成制度があり、漏れなく生かしたい。

 コロナワクチンはまだ完成していないから仕方ない。せめてインフルだけでもかからないようにしよう―という動機もあって、今季は予防接種を受けようという人は多い。

 国はそうした動きを見据えてまず1日から25日までを65歳以上の人への接種期間とし、26日以降を一般人へと期間を振り分けた。

 各地方自治体でばらつきはあるが65歳以上は酒田・飽海地区で1700円。鶴岡・田川地区は1500円の一律支給制度がある。また子ども(6歳~中学3年生)、妊婦、基礎疾患がある人へも同様の金額の助成がある。庄内町・遊佐町など子どもは6カ月から助成している自治体もある。

 一方、接種の料金は各病院・医院にゆだねられている。ただ概ね3000~4000円に収まる金額のようだ。また各健康保険組合が補助制度を敷いているケースがあるので確認したほうがよい。

 コロナ禍があった分、9月初旬までのインフルエンザ感染は例年に比べたら、限りなくゼロに近い状況で全国でわずか3人だった。これは昨年の1000分の1以下の数字。コロナ対策のためマスク、手洗いの励行が行き届いたためだ。だがこれから寒くなるにつれ、インフルウイルスの動きは活発になる。遊佐町の健康福祉課健康支援係は「酒田市などの勤務先に近い医院で受けるのもいいですが、できれば常日頃のかかりつけの医院で受ければ、受診歴も残るし、発熱した場合の対応もスムーズです。値段の額より優先したいことです」と勧める。

 ワクチンの量は厚生労働省によれば過去5年で最大量(約6300万人分)という。それでも早めのうちに済ませておきたいところだ。

厚生労働省のHPでも時期を分けての接種を勧める
厚生労働省のHPでも時期を分けての接種を勧める



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field