文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2020年(令和2年) 10月1日(木)付け紙面より

庄内の課題解決へ7項目要望 平田牧場グループ新田会長が菅首相と懇談

 自民党酒田支部最高顧問、東北公益文科大学理事長など要職を務める平田牧場グループの新田嘉一会長(86)が29日、東京都千代田区の自民党本部を訪れ、菅義偉首相・総裁と懇談。庄内地域が抱える課題解決に向け、日本海沿岸東北自動車道県境区間の整備推進、中小企業支援拡充に向けた金融機関改革など7項目から成る要望書を手渡した。

 新田会長はこの日、午前9時5分ごろから約20分にわたって菅首相と懇談。▽日沿道県境区間の整備推進について▽新庄酒田道路の整備推進について▽国・公的機関、本社機能の地方移転による地方創生について▽中小企業支援拡充に向けた金融機関の改革について▽酒田共同火力発電廃止に伴う支援について▽デジタル社会実現について▽地方大学に対する支援について―の7項目の要望書を手渡した。特に高速道に関しては「秋田県湯沢市出身の菅首相だけに日沿道の実情など状況が全て分かっていた。秋田、新潟からも要望を受けている。ミッシングリンクの解消に努めたいと話していた」(新田会長)という。

 新田会長によると、菅首相は小学生のとき、修学旅行で鶴岡市の湯野浜温泉を訪れ、そのとき生まれて初めて海を見たというエピソードを披露。また「平田牧場東京ミッドタウン店に時々食べに行っている」と話したという。

 官房長官時代に酒田で会って以来4年ぶりに菅首相と懇談した新田会長は「終始和やかな雰囲気。歴代首相と懇談してきたが、ここまで気さくに話せたのは初めて。陳情というより、友達と会話しているようだった。あらためて人脈を構築することの大切さを思い知った。この縁を大事にしたい」と話した。

菅首相(左)に要望書を手渡す新田会長=29日午前9時5分ごろ、自民党本部
菅首相(左)に要望書を手渡す新田会長=29日午前9時5分ごろ、自民党本部



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field